海外FX勝ち組ナビ

海外FXを利用した仮想通貨FXもはじめました

スワップポイントは政策金利に連動したポイント

スワップポイントは政策金利に連動したポイント

スワップポイントは政策金利に連動したポイント

金利がスワップポイント

各国通貨にはその国の政策金利にあわせてスワップポイントと呼ばれる金利分のポイントがオーバーナイト、つまりNYタイムを終えて取引日付を超えると毎日付加されることになっています。したがって金利の安い通貨を売って高い通貨を購入すればこのスワップポイント(スワップ金利とも呼ぶ)を毎日受け取ることが可能となるのです。但し、逆に金利の高い通貨を売って安い通貨を買うと同様に毎日金利分を差し引かれることになるので注意が必要となります。最近では先進各国ともに政策金利が低下していますので、なかなかドルやユーロではスワップポイントを受け取ることはできませんが、豪ドル、NZドルなどはコンスタントにスワップポイントを享受できる通貨となります。

高金利通貨トルコリラ

2015年5月11日からはくりっく365がトルコリラ円を上場して話題になりましたが、トルコリラ円の場合ですと1万通貨を保持していると毎日高い設定のされている業者では120円程度のスワップポイントが付与されることになるのです。こうした金利の受け取りはインカムゲインなどとも呼ばれています。しかしこのスワップポイントというのは金利の差のはずなのに、国内の店頭FX業者では実に付与される金額がまちまちになっています。上述のトルコリラ円で言えば125円近くが最大の設定になっていますが、業者によっては80円以下に設定されているところもあり、その金額はまちまちです。本来金利差ですからまちまちになること自体がおかしいのですが、これが相対取引によって生じる業者のスペックの違いの典型的なものとなっています。くりっく365がトルコリラ円で評判を高めているのは売っても買っても同じスワップポイントになっていることと、加盟取引所FX業者は横並びで同じ数字になっているという透明感の高さです。

Return Top