投資手法について

スキャルピング

FXにはいくつかの投資手法があります。まず最近はやりになっているのがスキャルピングというもので、アメリカのインディアンが頭の皮を薄く剥ぐという物騒な方法を取っていた言葉から転用されて使われているものがこれです。名前のとおり、一回の取引を数十秒から長くても数分のうちに終わらせ10銭程度の少ない利益を積み上げていくとい手法がこれです。この方法をとる場合にはできるだけスプレッドの狭い業者を利用することが利益を短期間にあげる大きなポイントになります。

デイトレード

またもう少しポジションの保有時間を延ばし1日以内ですべての取引を終えて利益を確定させていくのがデイトレードと呼ばれるものです。為替の世界では上昇や下降といった大きなトレンドがでている通貨ペアであっても経済指標の発表や要人の発言、投機筋の仕掛け売買などさまざまなファクターから相場が急変することもあり、長くポジションを持てば持つほどリスクが高まることになります。したがってできるたけ短時間で利益を最大に確保していく手法がデイトレードということになります。

スイングトレード

さらに一旦ポジションを保有したら数日から数週間保持してより大きな利益をあげていくという方法をとるのがスイングトレードということになります。スイングトレードの場合には明らかに取引しようとする通貨ペアにトレンドが出ていることを確認するとともにテクニカルチャートなどを利用してエントリーポイント(投資タイミング)をしっかり見極めることが重要となるのです。このように取引手法によってどの業者を選択したほうが有利かが変わってくることになりますので、まずはどの方法で自分がトレードをしていくのかを決めていくことが重要となります。

 

おすすめの記事