mybitwalletがビットコインの入出金に対応

海外FX会社の利用だけでなく、マルチな入出金に対応していて非常に便利なMybitwalletですが、今度はビットコインの入出金にも対応しました。

ビットコインをはじめとした仮想通貨は最近暴騰していますが、元を正せばその存在価値とはブロックチェーン技術に裏付けされた非中央集権通貨であることと、送金の容易さが評価されてのことです。

 

ビットコイン入出金は送金スピードが段違い

ビットコインは非常に入出金が早いのが最大のメリットです。ビットコインアドレスを指定して送金をすれば手数料次第で数分で着金を確認できます。この送金スピードが魅力です。

他の仮想通貨にはビットコインよりはるかに早い着金を可能としているものもありますが(XRPやBCHなど)、実際に利用するインフラが整っているのはビットコインなので、ビットコイン以外の仮想通貨の入出金にはまだ対応はしていません。

XMの利益も間接的にビットコインでの出金が可能に

海外FX会社XMではビットコインの出金に対応はしていますが、実際に出金できるのはビットコインで入金した部分に限られています。つまり利益部分のビットコイン出金はできません。

しかしXMではi-accountやmybitwalletへの利益部分の出金は可能になっています。よってXMから一旦mybitwalletに利益部分を出金して、さらにビットコインで出金すれば、途中JPYへの両替が必要になり手数料を取られるものの利益部分をビットコインへすることができるようになります。

実際に試したところ、XM→mybitwalletは1営業日、mybitwallet→ビットコイン出金は2営業日かかりました。おもったより時間がかかった感じがしますが、コンプライアンスの厳しいXMでトレードしてもビットコインにできるようになったのは時代の流れですね。

 

ビットコイン入出金のデメリット

便利な仮想通貨ビットコイン入出金ですが、今回mybitwalletで対応しているのはJPY口座のみになっています。つまりビットコイン建てで入金や出金ができるのではなく、あくまでビットコインからJPY口座へ入金。JPY口座からビットコインで出金と言うかたちになります。

また最低出金額が設定されており、その額は0.0005BTC になります。ビットコイン価格が上昇すればするほどこの値も上がってしまうわけですから、送金インフラの観点で考えるとビットコイン価格の高さやそのボラティリティーの高さは問題を感じる事が多いです。

ビットコイン入出金の流れ

ビットコインの入出金は非常に簡単です。mybitwalletに記載されているフローの画像だけでも十分わかります。口座はJPY口座しか指定できないのですから、こちらが入力するのはビットコインアドレスと送金額のみです。

次々と便利になるmybitwallet、こんなに便利で大丈夫なの?

mybitwalletはこのように次々と新しい入出金インフラを採用しています。現在mybitwalletを仲介することでクレジットカード、デビットカード、日本の銀行、海外の銀行、そしてビットコインまでも対応するようになりました。

以前は銀行送金しかなく非常に面倒だった海外FX会社からの出金も非常にスムーズにすることができるようになり、出金インフラにいたっては日本のFX会社よりも海外のFX会社を利用しているほうが便利という状況です。

しかしこんなにいろいろ便利なインフラを採用されてmybitwalletは大丈夫なのでしょうかね。便利すぎるインフラはそれに依存しすぎることになると急にサービス停止になると非常に困ります。大人の事情などが急に起きないことを祈るばかりです。

 

 

おすすめの記事