オルトコインシェア90%を誇るPoloniex

仮想通貨取引で人気なのが10通貨以上を取引できるcoincheckになります。BitocoinからLitecoin、Rippleなどのメインの仮想通貨を取引できます。同じく規模の大きいBitflyerやZaifなどは2~3通貨ほどしか取り扱っていないことを考えると、いかにcoincheckが多くの取扱があるかがわかります。しかし海外にはcoincheck以上の取扱通貨数を誇る取引所もたくさんあります。

Poloniex(ポロニエックス)はその中でも規模が大きな上、取扱数が100種類以上を誇る最大級の取引所の1つです。頭文字をとってPolo(ポロ)とよく言われます。poloniexは100種類以上のオルトコインを取り扱っており、オルトコイン市場の9割以上のシェアを誇っています。先のcoincheckなどもユーザーからの注文をpoloniexに取り次いでいるのです。

特にcoincheckがBTCで100万円の異常レートをつけたときは、下記ブログにてcoincheckがユーザーのJPYをBTCにして、poloniexでBTC建てでオルトコインを調達していることがBTCの急騰に繋がったことが指摘されていますね。いずれにしよ、オルトコインのオルトコインの市場はpoloniexによって回っているといっても過言ではありません。それだけに破綻が怖いですね。当時のビットコインシェアの大半を握っていたマウントゴックス事件の再来が思い浮かびます

 tanakacoin.tumblr.com 
Not found.
http://tanakacoin.tumblr.com/post/160612878626/coincheck%E3%81%8C%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF%E5%87%A6%E7%90%86%E3%82%92%E8%A1%8C%E3%81%A3%E3%81%9F%E6%9C%AC%E5%BD%93%E3%81%AE%E7%90%86%E7%94%B1

 

poloniexからの出金方法、送金方法

poloniexは基本的にJPYの入金などは受け付けておらずBTCで入出金する仕様になっています。そのためcoincheckやBitflyerなどの日本の取引所からもウォレットからpoloniexの自分のウォレットのアドレスに送金することで入金が完了します。

 

出金はアカウントの認証レベルで制限がある

同じように、日本の取引所のウォレットのアドレス宛に送金すればpoloniexからも簡単に出金できます。なお、poloniexはアカウントの認証レベルによって一日に出金できる制限が課せられています。なにも認証していないレベル1では毎日の出金が2,000USDまでに制限されています。レベル2になるとこの上限が一気に10倍以上の25000USDまで開放されます。解放条件は身分証明書や住所確認書類の認証です。海外FX会社の認証と一緒です。そして上限開放については個別にサポートに連絡することで条件を提示されます。それを満たせば開放されます。

 

出金(送金)方法:DEPOSITS & WITHDRAWALS を選ぶ

アカウントにログインしたら 「BALANCES >DEPOSITS & WITHDRAWALS」を選択します。

 

送金したいコインのアドレスと金額を入力

保有しているコインの残高が表示されるので出金したいコインの「withdraw」を選択すると、送金先のアドレスと送金する量を入力するフォームが出てくるのでそれを入力します。

 

二段階認証を行う

二段階認証を設定していればコード入力画面になります。手元のスマートフォンの認証アプリを起動して、コードを入力します。

 

確認メールが送られる

登録しているメールアドレスに確認のメールが送られてきます。

 

確認メールの認証URLをクリック

確認メールの認証URLをクリックします。

無事認証されればCONFIRMED

無事認証されればCONFIRMEDが出ます。これで終了です。非常に簡単ですね。

 

 

 

 

おすすめの記事