ビットコインキャッシュ:BCH誕生

2017年8月1日、かねてから騒がれていたビットコイン分裂がついに起こりました。ビットコイン:BTCからビットコインキャッシュ:BCHが分岐する形で別れていったという流れです。

これによりビットコインキャッシュ:BCHという新たなアルトコインが誕生する結果となり、すでに暗号通貨時価総額ランキングではリップル:XRPを抜いてイーサリアムに次ぐ3位に位置する大きな価値をもった通貨となっています。

最初はビットコインキャッシュ、BitcoincashなのでBCCという略称になると思っていましたが、どうやら違ったようです。BCHで決まったみたいですね。

ビットコインキャッシュ:BCHはまだまだ様子見

このビットコインキャッシュ:BCHですが、分岐されたばかりでまだこれがきちんと暗号通貨としてやっていけるか未知数なところもあり、対応は遅れています。分岐したらそれ相応のビットコインキャッシュ:BCHを分配するといっている日本の取引所もまだ動きはなく、状況確認に追われています。

 

その一方で対応を始めているところもあります。TREZORなどのハードウェアウオレットなどでは対応しているファームウェアにアップデートすることでウォレットがビットコインキャッシュ:BCHに対応するようになりました。ハードウェアウオレットは自前で分岐作業を行わなければいけないのが面倒ですね。

ビットコインキャッシュ:BCHの価値はどこから来たのか?

そして今回一部の暗号通貨トレーダーの中で話題担っているのが、ビットコインキャッシュ:BCHの誕生によって生まれた資産はどこから来たのか?ということです。ICOによって新しく通貨が生まれたのではなく、ビットコインキャッシュ:BCHはビットコインの一部から分岐して生まれたものです。普通であればビットコインの価値が下がった分が、そのままビットコインキャッシュ:BCHの価値になるように思えます。

しかしビットコインの価格は対して変動せず、新しいビットコインキャッシュ:BCHには投機資金が入っているか大きな値上がりを見せています。しかしこの状況はたった数時間で数千億円の価値ができてしまう異常な事態です。経済学の観点からみれば、価値が生まれればその価値の相応分がどこかで目減りや消滅するはずです。ぽっとうまれたこの数千億円の価値の帳尻合わせが一体どこで起こるのか?ビットコインが暴落するのか、ビットコインキャッシュ:BCHが消滅するのか、アルトコインが価値を減らすのか、壮大な経済実験の最中なのです。

 

おすすめの記事