ビットコイン以外の仮想通貨について(2017年4月時点)

仮想通貨はその時の情勢によって大きく時価総額も変化します。

今回は2017年4月時点での時価総額の大きな通貨を見てみました。

ビットコイン(bitcoin)

数ある仮想通貨の中でもその代名詞になっているのがビットコインです。時価総額も2兆円を超えて、仮想通貨ここにありと存在感と示しました。2兆円の時価総額として、よく知られている企業では三菱商事、住友商事、などの総合商社などがあります。市場においてはそういった総合商社と同じ価値を示しているのです。ちなみに時価総額2兆円は他の仮想通貨をダントツに引き離しています。

イーサリアム(Ethereum)

第二のビットコインとして存在感を示しているのがイーサリアムです。時価総額もビットコインに継ぐ2位についており、長らく2位を維持しているため第二のビットコインとして見られていることがわかります。しかし時価総額自体は小さく、ビットコインの4分の1ほどにしかなりません。The DAO事件 で価値が大幅に下落したり、ETHとETCに分裂したりなど安定には程遠いのが現状です。

 

リップル(ripple)

長らく時価総額にて4~6位の中位を動いていましたが、東京三菱UFJ銀行がリップルネットワークを使い国際送金を表明したことで信用が高まり一気に暴騰しました。ただ安定はせずにまた暴落するなど、価値の安定にはほど遠いですが、MUFGコインを制作している三菱グループの信用が加わり、今後に期待の高まる通貨です。

元々Googleのベンチャー会社や今回の三菱グループなど多くの金融機関からの投資をうけた期待されている通貨です。すでにアメリカやイギリス、ロシア、メキシコの 700,000ヵ所以上で利用可能な端末が作られており、購入・換金が容易にできるネットワークの評価が高いです。

 

ライトコイン(litecoin)

ビットコインの次に来ると言われていた通貨ライトコイン、埋蔵量が多くビットコインの4倍ほどの量を誇ります。長らく上位に位置していましたが、イーサリアムやリップルコインの台頭にお株を奪われた感じでどんどん位置が低下していっています。

 

 

ダッシュ(Dash)

Dashは匿名性の高さが評価されている通貨です。もともとはdarkcoinと呼ばれていましたが、呼び名が変更となりました。他にも匿名性の高い通貨として「Monero」と「zcash」が知られています。その中でもDashが一番の時価総額を誇っています。

 

 

各仮想通貨の時価総額ランキング

 

ビットコイン以外の仮想通貨の取引ができるトコロ

ビットコイン以外の仮想通貨を取り扱っているところは限られています。最近ではコインチェック(coincheck)という取引所が数多くの仮想通貨を取り扱っている上に、 店舗でのビットコイン支払いの対応、ビットコインでの電気料金(公共料金)対応など、積極的にサービスを展開している取引所です。イーサリアムやリップルなどが取引できます。

メールアドレスとパスワードを設定するだけで口座開設をしてサービスを利用できます。さすがに大きな取引をするには本人確認などを行わなければなりませんが、日本語に対応していて数多くの仮想通貨を取引できる取引所としては今有名になっています。

>> コインチェック(coincheck)にアカウントを作成

 

 

 

おすすめの記事