スイスフランショックとは

2015年1月15日にスイス中央銀行がEURCHFの1.2000防衛をやめたことによる急激なマーケットのボラティリティ増加により、アルパリUKが破綻しIGやFXCMも巨額の損失をかかえたいわゆるスイスフランショック。

MYFX MARKETSは問題なし

こ の事件に対してMYFX MARKETSは大きな問題もなく運営されているという通達を受けました。MyFX Markets ではEURCHFのレバレッジを 2014年12月1日付けで 50倍に引き下げており、またスイスフランはFX取引の主力通貨ではないため、影響は限定的ということです。ただし相場激変に伴い、流動性が極端に低下しているため、対スイスフラン通貨ペアのお取引においては十分ご注意が必要となります。またMyFX Marketsでは顧客資産は完全に区分管理し、より強固な信託の仕組みにて顧客資産を保全しております。レバレッジは下がりますが、MyFX Markets ではこれからも取引ができるようですね。

 

おすすめの記事