スイスフランショック

2015年1月15日にスイス中央銀行がEURCHFの1.2000防衛をやめたことによる急激なマーケットのボラティリティ増加により、アルパリUKが破綻しIGやFXCMも巨額の損失をかかえたいわゆるスイスフランショック。

Pepperstoneは問題なし

この事件に対してもう日本居住者の申し込みを停止してしまったPepperstoneは大きな問題もなく運営されており、さらに別ブローカーから移転したトレーダーの方にはリベートを支払うという勧誘メールまで送ってくるなど余裕の姿勢を見せています。もう口座が作れないのがとても残念でしょう。

///////////////////////////////////////////////////////////

Dear Trader,

By now you will be aware of the extreme market volatility due to the Swiss National Bank’s abandonment of its EURCHF floor. This extreme volatility has rocked the markets with many brokers reporting major losses.

At Pepperstone, our strong financial profile and risk management systems mean that the business is operating as usual and has been largely unaffected by these events.

///////////////////////////////////////////////////////////

おすすめの記事