スイスフランショックとは

2015年1月15日にスイス中央銀行がEURCHFの1.2000防衛をやめたことによる急激なマーケットのボラティリティ増加により、アルパリUKが破綻しIGやFXCMも巨額の損失をかかえたいわゆるスイスフランショック。

Thinkforexの対応

今回のスイスフランショックに対してThinkforex今回の市場環境、取引口座のロスにつき、弊社から出金の制限、またブローカー自体の停止などを行なうことは一切なく、会社としての運営には問題がないと通達しています。またマイナスの残高が確認された口座も全て口座残高0まで修正を行なってくれるようです。オーストラリア業者は0カットはあまりサービスとしては提供していませんが、Thinkforexは非常にサービスが優れている業者であると言えます。日本人大人気だったPepperstoneが撤退してしまった今、Thinkforexが新たに豪低スプレッド業者として名をはせるかもしれません。

 

おすすめの記事