スイスフランショックの余波がなかなか消えない相場ですが、いろんなFX会社で動きがありました。その中でも米FXCM社はなんとマイナス残高の 90%の債務カットをする予定だそうです。FXCMは0カットでないのでマイナス残高になれば追証を入れる必要があるのですが、その9割はカットしてくれ るということです。仮に1万ドルのマイナス残高であれば、10%の1000USDでいいってことですね。一番は0カットのFX業者が一番いいのですが、こ ういった対応をしてくれるFXCMは結構信頼の値するでしょう。

ちなみに日本ではDMM、GMOクリック、YJFX、結構な額の追証になった人がいたみたいですが、全くなにも対応してくれないそうです。なんなんでしょうね、同じFX会社なのにこの違い・・・

////////////////////////////////////////////////////////////////////

28日、米FXCM社は、15日にスイス国立銀行(SNB)が対ユーロのスイスフラン上限撤廃した事によるスイスフラン急騰で残高がマイナスになった大半の顧客口座に対し、マイナス分を請求しない事を発表した。

 発表によると、マイナス残高顧客の90%が債務免除される予定である。FXCM社は一両日中に債務免除の対象となる顧客に連絡を取り、口座残高を調整するという。

 同社CEOのDrew Niv氏は「当社はこの決断に至るまで懸命取り組んできました。本件について対処している間、忠誠心を持ってお待ち頂いたお客様に感謝しています」と述べた。

 欧州顧客が口座残高がゼロにリセットされる予定であるという通知を既に受けていた事から、今回の動きについての憶測がこの数日間で広がっていた。

 FXCM社はまた、「スイス中銀の発表、相場の乱高下、そしてそれらが引き起こしたリクイディティ不足は、異例かつ前代未聞の事象で多くの市場参加者にトレーディング損失を発生させました。これらの事態は予想不可能であり、当社の制御範囲を超えていました」と言及した。

 FXCM社は、一般的に高い口座残高を有している法人顧客、富裕層顧客、熟練トレーダーには、顧客が同社と契約する取引条件の中にある不可抗力条項を示し、マイナス残高の埋め合わせを要求する予定だそうだ。

 これらの顧客はマイナス残高に陥った顧客の約10%だが、総残高の約60%を占めているという。

 フォレックス・マグネイトがFXCM社にコンタクトを取ると、同社はコメントを控えた。

////////////////////////////////////////////////////////////////////

おすすめの記事