スイスフランショックとは

2015年1月15日にスイス中央銀行がEURCHFの1.2000防衛をやめたことによる急激なマーケットのボラティリティ増加により、アルパリUKが破綻しIGやFXCMも巨額の損失をかかえたいわゆるスイスフランショック。

 

0カットシステム

日本のFX会社の多くはマイナス残高になるとトレーダーに追証を求めるが、海外のオフショアなどにあるFX会社には0カットというシステムが導入され、仮にマイナス残高になったとしてもブローカー側がそれを0に調節してくれるシステムが有ります。ただしこの0カットはブローカーの体力によるものであり、財務状況が悪いところではカバーできずに破綻してしまう場合もあります。スイスフランショックではあまりの急変動にプライスがつかない状況が続いていたために、トレーダー達はブローカーがマイナス残高の支払いを要求してくるか否か見当がつかない状態が続きました。これに対してFX情報サイトであるフォレックス・マグネイトがブローカーがマイナス分をカバーしているかに関する情報を以下のリストにまとめてくれました。この表によれば、著名なFX会社の中で0カットに対応しなかった会社はAAAfxのみであり、他のブローカーはすべて0カットに対応していることがわかります。仮に日本のFX会社を使い、巨額の追証を食らった人がこれらのFX会社を使っていれば追証のマイナス残高は0に調整されて、追証分を払うことはなかったのでしょう。

 

ブローカーのマイナス残高対処状況
ブローカー名 マイナス残高のカバー状況 詳細*
Markets.com Yes Click Here
UFX Yes Click Here
ADS Securities Yes Click Here
OANDA Yes Click Here
Gainsy Yes Click Here
MFX Broker Yes Click Here
Dukascopy Yes
Orbex Yes Click Here
GAIN Yes
FxPro Yes Click Here
ILQ Yes Click Here
XM Yes
IKON Group Yes Click Here
ICM Capital Yes Click Here
FX Primus Yes Click Here
Darwinex Yes
HY Markets Yes Click Here
eToro Yes Click Here
DMM FX Yes Click Here
Tradeview Markets Yes Click Here
Deltastock Yes
AvaTrade Yes
Forex4you Yes Click Here
FBS Yes
IronFX Global Yes
AGM Markets Yes
Fibo Yes
Fidelis Capital Markets Yes
FXTM Yes
Admiral markets Yes
AFX Capital Yes
BTFX Yes
iFOREX Yes
ATC UK Yes
Bulbrokers Yes
xCFD Yes
SkyFX Yes
DF Markets Yes
Tickmill Yes
Windsor Brokers Yse
AAAFX No
ACM Gold Yes
ActivTrades Yes
ThinkForex Yes
GFT Markets Yes
easy-forex Yes
Robo Forex Yes
Forex Club Yes
FX Grow Yes
AForex Yes
StreamlineFX Yes
Valutrades Yes
HotForex Yes
Netotrade Yes
Nord FX Yes
Octa FX Yes
VitalMarkets Yes
Axiory Yes
Land FX Yes
LATAM FX Yes
Blackwell Global Yes
PCM Brokers Yes

引用:フォレックスマグレイド

 

おすすめの記事