海外FX会社では導入していない所はないMT4

MT4とは正式名称をメタトレーダー4(MetaTrader4)といい、ロシアのMetaQuotes社が開発したFXのトレーディングソフトです。非常に超高性能でありカスタマイズ性に優れているにもかかわらず完全無料で利用できるためにたくさんのFXトレーダーが利用し、多くのFX会社がメインツールとしてMT4を採用しています。トレーダーだけでなくFX会社にも信頼されたツールです。海外のFX会社ではMT4を採用していないところはいないと言われるくらいです。

MetaTrader以外であれば有名なのが板情報が見れるcTrader、SAXOBANKが提供している高性能ツールSAXOtrader、デューカスコピーが提供しているJForex、といったものがあります。どれもFX業界のTOP企業が提供している高性能ツールになっており、だいたい1つでなんとでもなります。

MT4の優れている点

MT4はリアルタイムチャートが表示でき、数十個ものテクニカル分析指標が標準で搭載されています。そして最大の目玉はプログラムによるカスタマイズ性です。プログラムを作れる人は自分でテクニカル指標や自動売買の仕組みをつくってバックテストによる検証を行い、プログラムによる自動売買を行うことができます。もちろん他の方のEAと呼ばれる自動売買プログラムを使うこともできます。

このようなプログラムでできる範囲であればあらゆる指標や自動売買トレードを作ることができるために、まさに無限の拡張性を持っているのです。もちろんスマートフォンなどのモバイル取引にも対応しています。

 

日本のFX会社でMT4を導入しているところ

しかし日本のFX会社でMT4を導入しているところは驚くほど少ないです。日本にはFX会社が数十社ありますが、どこも自社ツールを使ったものを提供しており他社が作ったツールを入れているところは少ないのです。導入しているのはForex.com、OANDAjapan、FXトレードフィナンシャル、楽天証券などがあります。

  • Forex.com
  • OANDAjapan
  • FXトレードフィナンシャル
  • 楽天証券

 

これらは外資系の子会社ばかり

わずか4社だけと非常に少ないのですが、内情を見るとこれらは外資系ばかりです。Forex.comは運営会社はGAIN Capital Japanといい、アメリカのGAIN Capital の子会社ということになります。OANDAも同じくアメリカに本社があるOANDAの子会社です。

 

楽天のMT4もFXCMのを買収したもの

楽天証券は有名な楽天グループということで日本系かと思いますが、実は楽天証券が提供している「楽天MT4」というサービスは、昔日本で運営していたFXCMジャパン証券を買収したことで作られたサービスなのです。FXCMジャパン証券はもちろんアメリカのFXCMの子会社ということです。外資系の子会社を日本の楽天証券が買収しただけなのです。

 

なぜ日本のFX会社はMT4を導入しないのか?

今や日本以外の国のFX会社においてMT4は標準のツールになっています。オーストラリアのFX会社も、キプロスのFX会社も、他の国々でもMT4を使えないところはほとんどありません。先程の外資系の本流であるアメリカのFX会社ももちろんMT4が多いです。ではなぜ日本のFX会社はMT4を使おうとしないのか。

1つはロイヤリティなどの問題があります。これについてはいくらなのかは調べようがないのですが間違いないでしょう。そして推測ですがもう一つはMT4を導入するのは不都合ではないかということです。

 

DD式で稼いできた日本FX会社

日本のFX会社の注文システムはほぼすべてDD式です。DD式は業者が顧客の注文を受ける方式のため、その業者が受けた注文を他の顧客の注文と相殺したり、レートを操作してスリッページさせたり、そもそも注文のカバーをするのもその業者の裁量で義務になっていないなど、顧客にとってはなにをされているかわからないブラックボックスになっています。非常に不透明で不可解な方式です。

 

異常レートでロスカットも”裁判も”投資家の負け

それをいいことにレートをズラして顧客に不利なレートを押し付けるのはいいもので、ひどいところでは異常なレートを正常と言い張り、ストップ狩りなどを行ったりする輩までいる始末です。2009年の南アフリカランド異常レート事件などはひどいものです。しかもこの明らか異常レート事件において裁判が行われていましたが、訴えた投資家が敗訴して泣き寝入りになる始末です。


※SBIの特別永久保存版レポート「くりっく365 南アフリカランド円暴落問題」より

 

NDD方式の海外システムでは稼げなくなる?

これに対してMT4のシステムに代表する海外のシステムは、顧客の注文をそのまま市場に流すNDD方式を採用しています。この方式は業者は株式売買の証券会社のように仲介に徹するため、レートをいじったり、押し付けることができません。そのため前者のDD方式のような顧客に不利を押し付けることができないのです。

となると顧客に不利を押し付けて利益を出してきたビジネスモデルが使えなくなります。これはFX会社の今のビジネスモデルに大きな影響を与えることになります。そんな不都合を受け入れてまで海外のMT4を導入する業者などいないのではないでしょうか。

別にFX会社の人に聞いたわけではないのでこれは推測に過ぎません。ですがDD方式で顧客に負けてもらって荒稼ぎをしてきた日本のFX会社が今更その荒稼ぎができなくなるNDD方式のものを導入するとは考えにくいでしょう。

別に海外FX会社が信用できるわけではありません。海外FX会社だって怪しいところはいっぱいありますし、叩けばホコリが出ない業者なんていないくらいです。しかしかといって日本FX会社が信用できるかといったら「NO」です。信託保全あるけどDD方式で不正しまくっている日本FX会社、信託保全あるとか言われても信用できないけど、NDD方式で注文については日本よりは透明性高そうな海外FX会社。どちらを信用するかは個々人の考えにおまかせします。

 

 

 

 

おすすめの記事