MetaTrader4 エキスパート・アドバイザーの稼動

本記事では、MetaTrader4 (MT4) にエキスパート・アドバイザーを稼動させる方法についてより詳しくご紹介します。
前回の記事でもライブラリから入手して動かしてみるところを簡単に触れましたが、今回は設定方法や画面の見方などを詳しく説明し、実践的に EA を使用できるようにしたいと思います。

  1. MT4 の EA 関連オプションの設定
  2. mq4/ex4 ファイルで入手した EA の導入手順
  3. EA の稼動開始
  4. EA 動作中の各種画面の見方や操作

 

MT4 の EA 関連オプションの設定

本格的に EA を稼動させる前に、MT4 の EA 関連オプションを確認しておきましょう。
メニューバーの ツール(T) → オプション(O) を選択してオプション設定画面を開き、そこで《エキスパートアドバイザー》タブを選択してください。図1のような画面になります。


図 1

まずは、自動売買を行わない形で EA を稼動させたいと思いますので、《自動売買を許可する》のチェックボックスは、外しておいてください。自動売買をしたいときはチェックを入れますが、その際は下の《アカウントが変更されたら自動売買を停止する》、《プロファイルが変更されたら自動売買を停止する》、《チャートのシンボルまたは時間足が変更されたら自動売買を停止する》には、チェックを入れておくことをお勧めします。想定していないアカウントや通貨ペア等で EA が動いてしまうことを防ぐためです。

続いて《DLLの使用を許可する》のチェックボックスですが、これはひとまず外しておいてください。DLL とは、ダイナミック・リンク・ライブラリの略で、様々なプログラムから呼び出すことができる共通プログラムのことです。MT4 では、EA から DLL を利用することが可能となっていますが、その際はこのチェックボックスにチェックを入れておく必要があります。DLL を使用すると、PC 上でできることはほぼ何でもできてしまうので、素性の知れない DLL を使用することは大変危険なことになります。そのため、実際に DLL を使う必要が出てくるまでは、念の為このチェックは外しておきましょう。

《Allow WebRequest for listed URL》欄は、EA 内からウェブサイトにアクセスする機能として WebRequest という機能が用意されているのですが、そのアクセス先として許可するサイトの URL を設定する欄です。WebRequest は外部サイトから何らかの情報 (例えば経済指標カレンダーなど) を取得するのに便利な機能ですが、悪意のある EA が PC の情報を抜き出して外部サイトに送信してしまうことも考えられます。これも必要となるまでは念の為チェックを外しておきましょう。

 

mq4/ex4 ファイルで入手した EA の導入手順

ここからの説明は、SampleEA という EA を用意しましたので、これを使って進めていきたいと思います。
まずは、mq4 ファイルで入手した EA を導入する手順から説明します。早速ですが、SampleEA.mq4 をダウンロードしてください。

 

ダウンロードできたら、このファイルをMT4にインストールします。MT4 のメニューバーから ファイル(F) → データフォルダを開く(D) を選択してください。


図 2

図2のようにエクスプローラ画面が開きますので、MQL4 → Experts とダブルクリックしてください。ここに、ダウンロードした SampleEA.mq4 をコピーします。

コピーしたら、ナビゲーターのエキスパートアドバイザーを右クリックし、表示されるメニューから 更新 を選択してください。すると、図3のように、ナビゲーターのエキスパートアドバイザーの中に SampleEA というアイテムが表示されます。これで導入は完了しています。


図 3

データフォルダの MQL4\Experts (SampleEA.mq4 を置いた場所) を確認していただくと、図4のように SampleEA.mq4 がコンパイルされ、SampleEA.ex4が作成されているのが確認できます。


図 4

ex4 ファイルで入手した場合も、導入手順はまったく同様です。

 

EA の稼動開始

では、SampleEA を動かしてみましょう。この EA は説明用のサンプルで、収益の上がるようなものではありませんので、くれぐれも自動売買は有効にしないようお願いします。
まず、EA を動かすチャートを開きます。今回は、USDJPY の1分足のチャートを開いてみてください。そこに、ナビゲーターから SampleEA をドラッグ&ドロップします。すると、図5のような画面が表示されます。


図 5

この画面の《全般》タブ、《パラメーターの入力》タブで、EA の動作に関する設定を行います。《全般》タブを開くと、図6のような画面になります。


図 6

ここでは、EA 全般に共通する設定を行います。

コモン部の「Long & Short」ポジションという欄は、この EA で管理する建玉のサイド (売り建玉か買い建玉か) を設定する欄です。「Long & Short」であれば、Long (買い建玉) も Short (売り建玉) もいずれも対象となります。他に、「Only Long」(買い建玉のみ)、「Only Short」(売り建玉のみ) という設定があります。今回は、「Long & Short」にしておきましょう。

次の「アラームを有効化」という欄は、EA がアラームを発生させるように作られている場合に、それを有効にするチェックボックス、のはずですが、現在のところこのチェックボックスを外しても EA からのアラームは発生してしまうようです。今回は外しておくことにします。

続いて、自動売買部の「自動売買を許可する」欄ですが、まずは自動売買無しでの動かし方を確認しますので、ここは今回はチェックを外しておいてください。
セイフティー部の「DLLの使用を許可する」は、オプション設定の同名の設定と同じ意味ですが、オプション設定で DLL の使用を許可しているときに、この EA に関しては許可したくないといった場合にチェックを外して無効化することができます。今回は DLL の使用はしませんので、外しておきましょう。

「外部エキスパートの使用を許可する」は、DLL に似た意味ですが、DLL ではなく他の ex4 ファイルを呼び出すことを許可する設定です。DLL 同様、必要のない限りは無効にしておいた方が安全ですので、外しておいてください。

最終的には、図7のような設定になるはずですので、確認してください。


図 7

《全般》設定が終わりましたので、次は《パラメーターの入力》タブへ移ります。図8のような画面です。


図 8

ここには、EA が用意している、EA の挙動を変化させるパラメータが一覧になっています。どのように設定すべきかは EA によって変わってきますが、SampleEA については次のような意味になっています。

Height: EA の売買判断に関するパラメータです。一般的な EA では、このような売買判断に影響するパラメータがいくつか設けられています。

Lots: 取引数量です。他の EA でも取引数量を指定するための何らかのパラメータがあることが多いです。SampleEA では固定のロット数を指定する方式ですが、レバレッジ指定等の方法を取るものもあります。

Magic: マジックナンバーと呼ばれる数字です。この EA が発行する取引にはこの番号が記録されるようになっており、EA が自分の発行した取引と他の取引を区別するために用いられます。これも多くの EA で指定可能になっています。複数の EA を同一

口座で稼動させる場合に、重複のないように設定することが一般的です。右にある 《読み込み(L)》、《保存(S)》 のボタンは、このパラメータをファイルに保存したり、それを呼び出したりするためのボタンです。《保存(S)》をクリックしてみると、図9のような画面が開きますので、ファイル名を指定して《保存(S)》をクリックすると、パラメータが保存されます。初期設定ではデータフォルダの MQL4\Presets に保存されます。


図 9

例えば、SampleEA と入力して《保存(S)》を押すと、MQL4\Presets\SampleEA.set というファイルに保存されます。
《読み込み(L)》をクリックすると、図10のように MQL4\Presets からファイルを選択する画面が開きます。


図 10

ここで読み込みたいファイルをダブルクリックすれば、読み込まれます。

パラメータは今回は変更する必要はありませんので、図8の画面で《OK》をクリックして設定を完了してください。EA が動き始めます。

 

EA 動作中の各種画面の見方や操作

EA の動作中は、図11のような画面になっています。


図 11

チャートの右上に EA 名 (今回は SampleEA) と顔マークが出ています。顔マークは以前紹介した通り、自動売買が無効になっているときは、図11のようなむすっとした顔のマークが出ています。
EA の詳しい動作状況は、ターミナルの《エキスパート》タブで確認します。下が古い情報で、上が新しい情報です。今回は、下から順に以下のような表示が出ていると思います。

Expert SampleEA USDJPY,M1: loaded successfully
SampleEA が USDJPY の1分足のチャート上に正常に読み込まれたことを示しています。

SampleEA USDJPY,M1 inputs: Height=1; Lots=1.0; Magic=20140820;
SampleEA に設定されたパラメータが表示されています。図8の設定画面で設定した通りになっているはずです。

SampleEA USDJPY,M1: initialized
SampleEA の初期化が終わり、動作が始まったことを示しています。

SampleEA USDJPY,M1: SELL!
これは、SampleEA が表示したメッセージです。SampleEAは、買い建玉を建てるときに「BUY!」、売り建玉を建てるときに「SELL!」と表示するようにプログラムされています。そのため、SampleEA は自動売買を有効にしなくても、売買の判断が得られるようになっています。このような作りの EA であれば、自動売買を有効にしない使い方も可能です。

SampleEA USDJPY,M1: trade operations not allowed by settings
このメッセージは、EA が売買しようとしたところ、自動売買が無効になっていたために表示されたメッセージです。「SELL!」と表示して売り注文を出そうとしたが、自動売買が無効のため、取引が出来なかったということになります。EA 稼動後に始めて取引しようとしたときにのみ表示されます。

しばらく動かしていると、「BUY!」や「SELL!」がどんどん表示されてくると思います。SampleEA は、自動売買を有効化しなくても、このメッセージに沿って売買を行うという使い方が出来ます。しかし、到底実用的とは言えませんので、次回からは自動売買に向けての準備を進めていきたいと思います。

 

以上、EA の稼動方法についての説明でした。

 

おすすめの記事