MetaTrader4 での取引 –注文の変更と取消

本記事では、MetaTrader4 (MT4) で注文を変更したり取消したりする方法についてご説明します。

  1. 決済指値(T/P)、決済逆指値(S/L)の変更・取消
  2. ペンディング・オーダーの変更・取消
  3. チャートからの注文の変更

 

決済指値(T/P)、決済逆指値(S/L)の変更・取消

決済指値(T/P)、決済逆指値(S/L)の変更は、新たに決済注文を入れるのと同じ手順となります。決済注文の回の「指値・逆指値による決済」をご参照ください。決済指値(T/P)、決済逆指値(S/L)が設定されている場合は、それぞれの注文価格を示すラインがチャート上に表示されていますので、そのラインをダブルクリックすることでも注文変更画面が開きます。
取消については、決済指値(T/P) や決済逆指値(S/L) を 0 に変更するが取消に相当します。

 

ペンディング・オーダーの変更・取消

ペンディング・オーダーの変更・取消は、以下のいずれかの方法で注文変更画面を開いて行います。

  1. ターミナルの《取引》タブで、対象のペンディング・オーダーの行をダブルクリックする
  2. ターミナルの《取引》タブで、対象のペンディング・オーダーの行を右クリックし、表示されたメニューで 注文変更または取消(M) を選択する
  3. チャートに表示されているペンディング・オーダーを示すラインをダブルクリックする
  4. チャートに表示されているペンディング・オーダーを示すラインを右クリックし、表示されたメニューで 注文の変更 を選択する

上記の操作を行うと、図1のような注文変更画面が開きます。


図 1

《未約定注文の変更または取消》と書かれた枠内がペンディング・オーダーの変更および取消に関わる各種項目です。

価格欄はこのペンディング・オーダーの注文価格を入力する欄です。最初は現在の注文価格が表示されていますので、変更したい場合はこの欄を変更します。 決済逆指値(S/L)、決済指値(T/P) 欄は、このペンディング・オーダーが約定して建玉が建った後に有効となる決済注文価格です。こちらも現在の注文価格が表示されていますので、必要に応じて変更します。

有効期限欄は、このペンディング・オーダーの現在の有効期限が表示されています。左端にチェックボックスがあり、図1のようにチェックが入っていない状態の場合は、有効期限無し (無期限) を意味します。有効期限を設定する場合は、チェックを入れた後日時を修正するか、右端のアイコンをクリックして、表示されるカレンダーから日付を選択します。
変更内容を正しく入力すると、図2のように《注文の変更》ボタンが青く変化しますので、クリックすると注文の変更が行われます。

 


図 2

注文を取り消す場合は、黄色い《注文の取消》ボタンをクリックします。

また、ペンディング・オーダーの取消は、ターミナルの《取引》タブから、対象のペンディング・オーダーの行の右端に表示されている×ボタンをクリックすることでも実行できます (図3の赤丸の箇所)。ワンクリック取引が有効な場合は直ちに取消が行われます。無効の場合は、注文変更画面が開きます。


図 3

 

チャートからの注文の変更

建玉の決済逆指値(S/L)、決済指値(T/P)やペンディング・オーダーは、チャート上のその注文価格の位置に水平線が表示されています。このラインをドラッグすることで、注文価格を変更することができます。
ラインにマウスカーソルを合わせると、「ドラッグして変更」と書かれたバルーンが表示されます (図4)。

図 4

この状態でラインをドラッグすると、注文価格が変更されます。ドラッグ中は図5のように、損益とポイントが表示されます。これは、建玉の決済逆指値(S/L)、決済指値(T/P)の場合は、建玉の約定価格との差を示しており、この注文が約定すると、表示されている損益になることを示しています。ペンディング・オーダーの場合は、現在価格との差を示しています。

図 5

ドラッグを終了すると注文変更が行われます。ワンクリック取引が有効な場合は、直ちにドラッグの終点の価格に注文価格が変更されます。無効にしている場合は、ドラッグの終点の価格が入った状態で注文変更画面が開きますので、《注文の変更》ボタンをクリックすることで注文変更が完了します。

図3のペンディング・オーダー (101.500 の Buy Limit) を 101.800 までドラッグし、注文変更を完了した結果の例が図6です。


図 6

以上、注文の変更と取消についての説明でした。

 

おすすめの記事