MetaTrader4 での取引 – 決済注文

本記事では、MetaTrader4 (MT4) で決済注文を行う方法についてご紹介します。

  1. 成行発注
  2. 指値・逆指値による決済

 

成行発注

成行での決済注文の発注は、以下のいずれかの操作で行います。

  1. ターミナルの《取引》タブで、決済対象建玉の行をダブルクリックする (ただし S/L, T/P 欄以外の場所)
  2. ターミナルの《取引》タブで、決済対象建玉の行で右クリックし、表示されたメニューで 決済注文 を選択する
  3. ターミナルの《取引》タブで、決済対象建玉の行の損益欄の右端にある× (図1の赤枠) をクリック
  4. チャートに表示されている建玉を示すライン (図1のピンクの矢印で示した水平線) を右クリックし、表示されたメニューで 閉じる を選択する


図 1

ワンクリック取引が無効になっているときは、いずれの操作でも決済注文画面が開きます。
ワンクリック取引が有効になっているときは、始めの操作 (建玉行をダブルクリック) では決済注文画面が表示されますが、他の操作では直ちに成行注文が発注されます。

決済注文画面は図2のような画面です。


図 2

ティックチャート、通貨ペア、数量、コメント、注文種別の各欄は新規注文画面と同じです。
成行売り、成行買いのボタンも新規注文画面と同じです。クリックすると新規注文が発注されますのでご注意ください。
その下にある成行決済と書かれた黄色のボタンを押すと、決済注文が発注されます。

 

指値・逆指値による決済

指値・逆指値で決済するには、1つは新規注文のときに紹介した、建玉を建てるときにいれておく方法があります。
もう1つはすでに建っている建玉に指値・逆指値を入れる方法です。これにはまず、以下のいずれかの手順で注文変更画面を開きます。

  1. ターミナルの《取引》タブで、決済対象建玉の行の S/L, T/P 欄をダブルクリックする
  2. チャートに表示されている建玉を示すラインをダブルクリックする
  3. チャートに表示されている建玉を示すラインを右クリックし、表示されたメニューで 注文の変更 を選択する
  4. 成行発注の要領で決済注文画面を開き、取引種別欄で《注文の変更または取消》を選択する

注文変更画面は図3のような画面です。


図 3

《建玉のS/LとT/Pの変更》という枠内で指値・逆指値を指定します。
左が逆指値、右が指値になっています。《現在値との差》欄に入力されているポイント数分、現在価格から離れた価格がその下の《下段にコピー》ボタンに表示されています。このボタンをクリックすると、その下の《決済逆指値(S/L)》欄、《決済指値(T/P)》欄に価格が入ります。もちろん、《決済逆指値(S/L)》欄、《決済指値(T/P)》欄に直接価格を入力することもできます。指定したくない価格欄は 0 のままにしておきます。
価格を入力すると、図4のように価格入力欄の下のボタンが青く変わります。


図 4

この状態でボタンをクリックすると、指値・逆指値がセットされます。

以上、決済注文の発注方法でした。

 

 

おすすめの記事