AxiTraderにはクレジットカード、銀行送金、電子マネーの3つの入金方法があります。特にクレジットカードはサポートへの連絡などで1営業日以内に着金が可能なために非常に使えます。そして同じ豪州のPepperstoneと同様に三井住友銀行に口座を有しており、この三井住友銀行に送金することでFX口座へ入金することができるのです。ただし銀行間の送金手数料はかかります。手数料が嫌ならコストがかからない基本のクレジットカード入金も利用できます。

対応クレジットカード

AxiTraderで対応しているクレジットカードでは、Visa(ビザ)、Mastercard(マスターカード)、Maestro(マエストロ)、Switch(スイッチ)、Solo(ソロ)、Diners Club(ダイナーズクラブ)が取り扱われています。これらのクレジットカードであれば入金が数分~1時間程度で反映されます。また手数料についてですが、毎月の初回だけは無料です。2回め以降は3.2%の手数料がかかります。入出金は月1回だけに抑えたいものです。

電子マネー

AxiTraderは電子マネーとしてはMoneybookersに対応しています。これらの電子マネーも24時間程度で反映されます。ただしクレジットカードとは違い、電子マネーは入金に手数料がかかります。Moneybookersによるお支払いでは一回の取引につき2.89%の手数料が発生します。豪州のFX会社はなぜか手数料がかかるのです。

 

銀行の電信送金

AxiTraderではもちろん銀行口座からの電信送金も可能です。その場合は銀行の都合やら入金確認の手間などで、入金の確認が普通よりも圧倒的に一週間ぐらいかかってしまいます。手数料ですが、銀行による送金手数料や、不利な為替レートによる両替や為替手数料までかかってしまうので、非常に手数料がかかります。ただしAxiTraderには三井住友銀行への口座送金に対応しているので、その場合は一般の振込手数料だけで済みます。

 

Axitraderの出金

預託金の送金がクレジットカードや電子マネーで行われた場合、入金額を上限として同じクレジットカード、電子マネーへ振り込むことができます。どちらも出金処理から24時間以内に作業が行われて通常1営業日内に出金が完了するために、比較的早く出金が行われます。また利益部分では銀行口座への出金になります。出金依頼書などは必要ないので比較的カンタンに出金作業できます。出金の反映は入金と同じく3営業日ほどかかります。カードや電子マネーなど複数の機関を登録している場合、利益部分を電子マネーに送金することも可能です。

 

おすすめの記事