BTCが50万円から40万円まで下落中

BTC分裂騒動から一気に倍近くまで値上がりしていたビットコインですが、ここにきて調整の下げがきています。奇しくもBCH:ビットコインキャッシュが上昇してから下落したので、この2つは相関関係があるようにも感じます。実際はBCH:ビットコインキャッシュの採掘がビットコインの半額ほどで済むということで、ビットコインのマイナーが続々とビットコインキャッシュに移っているという話もあります。

Zaifのチャート

35万円近辺はサポートラインとフィボナッチで意識される

下落がどこまでかは予想できませんが、暴騰前の35万円近辺は強いサポートラインとして意識されるでしょう。フィボナッチをみても暴騰が始まってからの半値戻しがちょうどこのあたりにあるために良いポイントになります。売りをするならここらへんをリミットに、買いをいれるなら35万円割れをストップにするのがいいかもしれません。

※投資は自己責任で

 

売りができるのはPoloniexの信用取引、そしてFXOPENのCFDトレード

昨今の仮想通貨バブルはものすごいものですが、山高ければ谷深し、というのが相場の名言であり、必ずどこかで大きな下落に見舞われるのが相場の常です。その時のために売りでトレードをできる環境は整えておいたほうがいいです。仮想通貨の売りができるのはPoloniexの信用取引、そしてFXOPENのCFDトレードです。一時期はcoincheckなどでもビットコインを借り入れたりして空売りができましたが、今年の暴騰からビットコインを調達しにくくなっているかできなくなっています。

簡単なのがFXOPENの売りトレードです。FXをやるのと同じ手順で簡単に売りポジションを取ることができ、クリック1つで決済が可能です。デメリットとしては対象通貨が少ないことです。FXOPENではbitcoin、litecoin、DASH、ethereum、Namecoin、peercoinしか取扱がありません。そのためripple(リップル)やXEM(ネム)といった暴騰した通貨の信用売りはできないのがもったいないです。

 

手軽に注文が出せて、すぐに逃げられる環境でないと売りは危ない

またFXOPENはMetatraderを使っているので、ドラッグ1つでストップ注文、リミット注文が入れられるのもお手軽です。特に暗号通貨は1日やそこらで数倍に暴騰することもあるのでストップ注文は必須です。この手軽に注文が設定できて、機敏に逃げることができる環境でないとボラティリティの高い暗号通貨を売るのは止めておいたほうがいいでしょう。

 

FXOPENの使い方は以下の記事で解説しています。

 

 

 

いつか来る下げのために用意していた人がトレードできる

暗号通貨市場が非常に盛り上がっていますが下げは必ず来ます。そのため仮想通貨でトレードをするならマイナーなオルトコインをpoloniexで、メジャーどころのコインをこのFXOPENでレバレッジトレードや売りトレードできるようにしておくのが大切です。今回の下落でも用意しておいた人はすぐに売りポジションを取ることができて、利益を狙ったりリスクヘッジができた一方で、用意してなかった人は下落にあたふたしています。何事も前もっての準備が大切です。

 

>>FXOPENの口座開設はコチラ

おすすめの記事