仮想通貨の売りができるのはPoloniexの信用取引、そしてFXOPENのCFDトレード

昨今の仮想通貨バブルはものすごいものですが、山高ければ谷深し、というのが相場の名言であり、必ずどこかで大きな下落に見舞われるのが相場の常です。その時のために売りでトレードをできる環境は整えておいたほうがいいです。

仮想通貨の売りができるのはPoloniexの信用取引、そしてFXOPENのCFDトレードです。

 

FXOPENのCFDの売りは非常に簡単

FXOPENで仮想通貨の売りをするのは非常に簡単です。FXトレードをしたことがある人ならすぐわかるというか、仮想通貨のCFDを選択して「SELL」をすればいいだけです。証拠金トレードのため、現物を持っていなくてもできる手軽さが魅力です。

逆にデメリットとしては対象通貨が少ないことです。FXOPENではbitcoin、litecoin、DASH、ethereum、Namecoin、peercoinしか取扱がありません。そのためripple(リップル)やXEM(ネム)といった暴騰した通貨の信用売りはできないのがもったいないです。

 

FXOPENの使い方は以下の記事で解説しています。

 

 

 

 

Poloniexでの信用取引は手間がかかる

オルトコインのシェアの大半を占めるPoloniexでも空売りができます。「MARGIN TRADING」の項目では、信用取引ができます。MARGIN TRADINとは信用取引のことですね。ここでは同じくpoloniexのLENDINGサービスで貸されている仮想通貨を借りることで空売りをすることができます。株の空売りと同じです。

デメリットとしてはpoloniexの仕様上、BTC建てになってしまうこと。円やドル建てでのトレードはできないためBTCの変動をトレードすることができません。

他にもpoloniexの性質上、板注文にうまく合わせないと注文が通りにくいことや、取引のボリュームがわかりにくいことです。間違って10USD相当の取引をしようとして10BTCの取引をしてしまいかねません。

他にもpoloniexは買うことができる仮想通貨はたくさんありますが、信用取引できる通貨はあまり多くありません。これはRENDINGサービスで貸されている仮想通貨がないためでしょう。人気であるXRP:リップル、STR:ステラ、DASH:ダッシュあたりがあるのはいいですが、XEM:ネムはありません。

 

 

仮想通貨をレバレッジ買いや売りポジションを取れるのはFXOPEN

仮想通貨市場が非常に盛り上がっていますが、いつかは暴落します。そのときpoloniexに取次をしているcoincheckでは相当なスプレッドが開いたり、あるいは取引中止になる可能性もあります。現にXRPが大きく変動してpoloniexから調達できなかった時期は取引停止になりましたし。

そのため仮想通貨でトレードをするならマイナーなオルトコインをpoloniexで、メジャーどころのコインをこのFXOPENでレバレッジトレードや売りトレードで勝負するのが流動性の面でも利便性でもお得です。というか、方法がこれぐらいしかないためいつか来る暴落のための環境を整えておくのは大切です。

>>FXOPENの口座開設はコチラ

 

おすすめの記事