CySEC認可のFXブローカー

FXNetは2011年されたキプロスのFXブローカーです。FXNetはキプロス証券取引委員会のライセンス(CySEC)認可を受けています。レバレッジは最大500倍であり、追証なしの0カットシステムを採用しています。STP方式を採用した強力な約定力、かつリクオート・約定拒否なしの注文環境、少額の初回預託金、顧客資産は分別管理され、イギリス最大手バークレイズ銀行で資金分別保管をしていますので、資金面での安全性も非常に高い業者です。

 

STP/ECNの環境でトレーダーとFX会社の利益相反なし

FxNetはトレーダーとFX会社の利益相反になるようなノミ行為をしないことを宣言している業者です。取引のリクオート、約定拒否なしのストレスフリーな取引環境を約束。STPブローカーとしてはそこまでスプレッドや手数料を縮小することはできませんがFxNetは約定品質には自信を持ってサービスを行っています。「99%の取引を1秒以内に約定」、「97%の取引をスリッページなしで約定(成り行き注文)」という約定品質を最重要にしています。本当かどうかはハッキリ言ってわかりませんし、FX会社はトレーダーの取引量や利益によって態度を変化させることで知られているので本当にすべてを知ることはできませんが、FXNETはあまり悪い噂は聞きません。

 

為替、貴金属、株式指標各種商品取引可能

FxNetでは外国為替のメジャー・マイナー通貨ペア、エキゾチック通貨ペア、株式指数や先物商品などを取引できます。他にも貴金属取引や商品先物取引、株価指数取引などができるようになっています。ちなみに為替取引はレバレッジ500倍、ゴールドやシルバーの金属や商品はレバレッジ200倍と商品によってはレバレッジが違います。

 

FXNETまとめ

全体的に高いスペックでまとまったFX会社ですが、これといった際立ったものがない中途半端なところに収まってしまっています。CYSEC認可ブローカーとして最小限のリスク管理はしているようですので、安全性についてはそこまで心配はしなくてもいいかもしれませんが、逆に使う理由もあまり見当たらないのが本音です。誠実第一をモットーにノミ行為はしない!と宣言していますが、そういう宣言をしながらノミ行為、ストップ狩りをやりまくっていた某業者もいたことですので、言葉だけでは全く信用はできません。とはいってもあまり悪い評判の声も聞かないのでそこそこ真面目にやっているのは本当なのかもしれません。無論、声が少ないということはユーザーが少ないことの裏返しでもあります。一言で言うなら「微妙な業者」です。

 

おすすめの記事