FXPROの最大レバレッジ500倍

海外FX業者の最大の魅力としてメリットが最大レバレッジが日本業者よりも圧倒的に高いところです。FXPROの最大レバレッジは500倍になっています。ちなみにCFDは100倍に抑えられています。ただし、無制限で500倍というわけではなくオープンポジションの数によって実効レバレッジが低くなっていく仕様になっています。FX取引と金属取引によってオープンロットのレバレッジ制限に違いがあるのにも注意しましょう。

 

アカウント種別 MetaTrader 4 アカウント cTrader ECN アカウント
注文方式 STP 方式 ECN 方式
口座通貨 JPY・USD・EUR・GBP・CHF・AUD・PLN
最大レバレッジ 500倍
初回最低入金額 500 USD 1,000USD
最小取引単位 0.01 lot (1,000通貨) 0.1 lot (10,000通貨)
最大ロット 無制限
提供通貨ペア FX通貨ペア:69種類
金属:4種類
CFD:40種類
FX通貨ペア:57種類
貴金属:2種類
取引手数料 なし 1取引あたり$ 6.5 / 1 lot
(100,000通貨)
口座維持手数料 無料
デモ口座 あり
複数口座の開設 可能
スプレッド方式 変動

 

 

FXPROの証拠金維持率は低く、0カット制度あり

FXPROのロスカット制度は損切りレベルはアカウントのタイプによって異なります。MetaTraderアカウントでは口座証拠金維持率が25%を下回った場合、cTraderアカウントでは口座証拠金維持率が40%を下回った場合にロスカットが執行されます。またFXPROでは追証なしの0カットシステムを導入しています。相場の大変動などで証拠金以上の損失を出してしまいマイナス残高になった場合も0に調整されます。ハイレバレッジと0カット制度という、海外FX業者のメリットを最大限活かせるスペックを有しているのです。

 

スイスフランショックでは0カットされている

2015年にアルパリUKが破綻したスイスフランショックでは多くのFX業者で追証が発生しましたが、FXPROを使っていてマイナス残高になった人は0に調整され、追証を支払う必要はありませんでした。一方で日本のFX会社を使っていた投資家の多くは口座残高がマイナスになった場合は追証を支払う必要があります。このことでGMOクリック証券と追証を出したトレーダーの間で裁判が行われるなど、ひどいことになっています。モーモーミルク界というトレーダーなどはスイスフランショックでトンデモナイ損失を出してしまっています。相場はなにが起こるかわかりませんから、本当に万一のリスク回避のためにも0カットシステムが有るFX会社を使ったほうがいいでしょう。

 

おすすめの記事