FXPROのレバレッジ

FXPROのレバレッジは500倍になります。ちなみにCFDは100倍までです。またオープンポジションの量によって実効レバレッジが制限されるようになっています。

FXPROのロスカット

MetaTraderアカウントでは口座証拠金維持率が25%を下回った場合、cTraderアカウントでは口座証拠金維持率が40%を下回った場合にロスカットが執行されます。さらに口座資金がマイナスになっても追証が発生しない0カット制度になっています。そのため少額資金でのハイレバレッジ勝負ができます。2015年にアルパリUKが破綻したスイスフランショックでは多くのFX業者で追証が発生しましたが、FXPROを使っていてマイナス残高になった人は0に調整され、追証を支払う必要はありませんでした。

FXPROのコスト面

手数料はもちろん無料のMetaTraderアカウント、手数料ありだがスプレッド0pipsもあるcTraderアカウントなどコスト面でも優秀です。

FXPROの日本語対応

FXPROは日本人を一時受け入れ停止したあと再度受け入れるというコウモリのようなことをしています。それが影響してか日本語サポートを停止していた時期があるのが気になりますが、現在はサイトも全て日本語化され、日本語のメールサポート、電話サポートなどが受けられて日本人スタッフも在籍しています。日本語ライブチャットもできるようになりました。サイトは日本居住者をサービス対象とはしていませんと書かれていますが、ほぼ建前です。

 

FXPROの入出金方法

入金方法はクレジットカード、電子マネー、銀行送金と揃っています。ただ実際、電子マネーなどはほとんど使えるものはなくなりました。クレジットカード入金の反映も1時間もかからずリアルタイム入金も可能と迅速です。出金に関してはクレジットカード、銀行送金に関しては数日かかります。基本的にFXPROの出金トラブルの話はほとんど聞いたことはありません。

 

FXPROの安全・信頼性

審査が厳しいと言われる英国FCAライセンスを取得、キプロス証券取引委員会(CySEC)のライセンスも取得しています。また2万ユーロまで信託保全がある投資家補償基金に加入しており、上限額はあるものの資産の保証があります。また業界でも最も厳しい管理体制をしいており会社の資産状態の情報開示にも積極的で、信用の高い企業です。顧客資産の管理銀行もバークレイズ、クレディ・スイス、ロイヤル・バンク・オブ・スコットランドと世界的超有名金融グループであることから預けた資金の信用リスクが低いことがわかります。

 

FXPROの評判・人気

2006年創業の歴史があり大きな会社であるところ、20,000EURの信託保全があるところ、スプレットが狭くく約定が早いところ、出金に問題がないところなどでいい印象を持たれています。またMetatraderを広めた業者だけあってMT4でのサーバーにもよく選ばれ最近ではcTraderや自動売買に使っている人も多くなっているみたいです。評判は良好です。

 

FXPROの携帯・モバイル

iPhoneやAndroid、などOSに対応し、端末を選ばずモバイルツールが利用できます。さらにMetatrader、cTraderなどのWebtraderを整備しており、ブラウザ上からMetatraderアカウント、cTraderアカウントどちらも利用可能です。

 

FXPROの総合判断

FXPROはFX業界の中でも老舗かつ大手のFXブローカーであり、厳しい監視体制や2万EURの保全など安全性についてはかなり良いです。また取引の方でもレバレッジ500倍、0カットシステム、VPS、VIPサービス、cTraderなどスペックが高く、EAがいろいろ選べる自動売買サービスFXprosupertraderのサービスも有ります。強者トレーダーや古参トレーダーがよく使っている業者です。最近ではMetatrader以外にcTraderを導入するなどサービス拡充も感じられます。

ただあちらの都合で日本人を追い出したかと思えば、また受け入れたり、サポートが一時的に途切れたりするなどあまり日本人投資家を大切にはしていない感じです。来るならどうぞ。拒みませんよ。でもこっちの都合でまた追い出すかもしれませんよ?といった感じですね。あまり長く使い続けたいとは思えません。

おすすめの記事