Pepperstoneは、オーストラリア証券投資委員会(ASIC)によって認可を受け、2010年より営業を開始している新興ブローカーです。オーストラリアにおいてはシェアでAxitraderに負けているものの、業界で最狭といわれるスプレッドの低さと入出金の迅速さ、日本人サポートの対応の早さなどから、日本において圧倒的な人気を獲得し、2012年2013年においては間違いなく日本人の口座開設数No.1ブローカー、満足度No.1ブローカーであった海外FX会社です。

三井住友銀行経由:Local Bank Transferで入金できる

Pepperstoneの入金システムで優れている点があります。他の海外FX業者は海外への銀行へ送金することが必要でしたがPepperstoneは国内の三井住友銀行に対応口座を保有しているために、その三井住友銀行の口座への国内送金だけで入金をすることができます。こちらは円だけが対応しています。外貨の取り扱いはありません。入金の反映時間は2~3営業日ほとかかります。また送金額が4万円以上なら手数料無料ですが、4万円以下だと手数料が1,000円かかります。しかし海外送金をせずに済むため、圧倒的に手数料の節約になります。

Pepperstone対応クレジットカード

Pepperstoneに限らず海外FX業者の基本入金はクレジットカードです。入金対応通貨はJPY、AUD、USD、GBP、EUR、NZD などの主要通貨に対応しています。円での入金ももちろん可能です。ブランドはVisa(ビザ)、Mastercard(マスターカード)です。JCBは使えませんので注意しましょう。入金の反映時間は1時間程度です。ただしPepperstoneの営業時間である日本時間8~17時以外では翌営業日扱いになります。夜間での入金は遅くなります。また入金額の3%(AUDだと1.8%)が手数料として取られます。

 

Pepperstone対応電子マネー

Pepperstoneではいくつかの電子マネーにも対応しています。例えばMoneyBookers(マネーブッカーズ)ではJPY、AUD、USD、GBP、EUR の通貨での入金が可能です。入金の反映時間は約1時間ほどとクレジットカードと同じくらいです。こちらは手数料無料です。

 

Pepperstoneの出金

Pepperstoneでは様々な出金方法に対応しています。出金には即日対応をしているため処理は早く終わります。入金がクレジットカードで行われた場合は同じクレジットカードへ振り込むことができます。クイック出金というものになり、出金手続きが終われば即反映されます。また銀行口座への出金は約2~5営業日とクレジットカード出金よりも時間がかかります。下記画像においては1~3日で着金とありますが、銀行の都合によってはずれるため一週間はみておいたほうがいいでしょう。ただし銀行送金には20AUDの手数料がかかります。

 

 

おすすめの記事