Pepperstoneのレバレッジ

レバレッジは400倍です。しかし口座開設直後の標準では200倍に設定されています。400倍にするのは申請が必要です。簡単な申し込み1つで完了します。また両建てをすることで一時的にレバレッジを800倍にすることはできます。しかし条件も多いので400倍とみていいでしょう。

 

Pepperstoneのロスカット

証拠金維持率20%でロスカットになります。水準は低く、証拠金全額でポジションをとってもまだ余裕があります。ただし仮に相場が急変して自動ロスカットが間に合わずに口座残高がマイナスになってしまった場合は追証が発生します。0カット制度はありません。追証ありですので、ハイレバレッジトレードを限界までやる戦略にはあまり向いていません。

 

Pepperstoneのコスト

RAZOR口座のスプレッド0.1pipsは日本・海外総じてトップクラスの低スプレッドになります。ただしRAZOR口座は手数料がかかります。

 

Pepperstoneの日本語対応

日本語メール、電話、ライブチャットサポートはありますが、オーストラリアのため日本時間の昼しか対応していません。またサイトはほとんどが英語でもあり、日本語対応は少し遅れています。

 

Pepperstoneの入出金方法

入金方法はクレジットカード、電子マネー、銀行送金と揃っています。日本国内の三井住友銀行への送金だけで入金できるのは海外FX業者で初めてです。ただしクレジットカード入金には手数料がかかるうえに、出金には1~2週間かかるなどデメリットも多いです。

 

Pepperstoneの安全・信頼性

Pepperstone(ペッパーストーン)はオーストラリア証券投資委員会(ASIC)に認可されている正規のFX業者であり、顧客から預かった資産を自社の資産と分別して世界の銀行のTOP10に入る安全性があるNational Australia Bank (NAB)の信託口座で管理、さらに世界最大の監査法人の1つでもあるアーンスト・アンド・ヤングで外部からの監査を受けているなど、安全性・信頼性についてはほとんど問題になる点はありません

Pepperstoneの評判・人気

海外FX業者としての評判の声や口コミはたくさん見つけることができて、日本国内でもかなり人気のあるFX業者です。使いやすさやスプレッドの狭さなどが好評です。サーバーの弱さなどを指摘される声もありましたが、サーバー増強によってそのような声もなくなりました。

Pepperstoneの携帯・モバイル

iPhoneやAndroid、iPadなどほぼ全ての種類のスマートフォンに対応しています。さらにWEB取引ツールもあるために、WEBアクセスだけで利用可能です。

Pepperstoneのボーナス

Pepperstoneはあまりボーナスに熱心ではないみたいです。ボーナスがありません。

Pepperstoneの総合判断

Pepperstoneは日本国内で非常に好評です。好評の理由としてはレバレッジ400倍やRAZOR口座でのスプレッド0.1pips、三井住友銀行の国内送金ができることなどが挙げられます。ただしカード入金は手数料がかかって出金も遅いなどのデメリットもあります。スプレッドの狭さを利用したトレード利用に最適なFX業者です。

 

おすすめの記事