XMがベストFX執行ブローカー賞を受賞

2017年9月27日、有名海外FX会社:XMがShares MagazineのUK Forex Awards 2017よりベストFX執行ブローカー賞を受賞したニュースが入ってきました。

Shares Magazineは、イギリスを代表するオンライン金融マガジンであり、個人投資家を始め、業界人などの数万人の読者を持っています。イギリスやグローバル株式市場に関するニュース、投資テクニック、資産管理テクニック、相場分析を含み、投資に関するあらゆる分野をカバーしている幅広い金融マガジンですね。

まぁ正直、こういった海外の金融マガジンの賞というのはそれほど重要視するようなものでもなく、スポンサー料金払っていれば賞を買えるところもあるくらいですから参考程度に見ておくのがいいと思います。

 

受賞にあたってXMマーケティングディレクター:クリス氏のインタビュー

「Shares Magazineより受け取りました今回の栄誉は、XMが持つ全ての価値が認められたことの証であります。これらの価値は、公正な経営倫理に誠実であり続けるブローカーとして弊社の要となっています。

100万人以上のお客様にご利用いただいている国際的な投資企業として、弊社の最上の執行方針は弊社の最大の強みの一つであり、弊社に信頼をお寄せ下さるお客様がその取引パフォーマンスを保護するブローカーにて取引を行う際にお役立ていただけるものとなっています。

弊社の厳格なリクオートなし方針は、リアルタイムの成り行き注文にて約定拒否のない100%の取引執行率を保証するものです。

弊社のお客様にとりまして、こちらは最大の重要性を持つものであり、それはXMにとりましても同様です。こちらはXMにてお客様に複数資産をお取引いただくべく弊社が提供する取引環境における極めて重要な要素を構成するものであり、弊社が現在までその競合性を保ってきた最も重要な価値となっています。」

改めて考えると国際的に営業しているとはいえ、100万人のユーザーをもつFX会社ってすごい規模ですよね。

ちょっと前はワールドチャンピオンシップトーナメントを開催したのはタイですし、この前はハンガリーでのFXセミナーを開催していますし、今度はUAE:ドバイでの金融エキスポに出展しています。

国際的に活躍しているFX会社というのは本当なのです。

 

XMはスキャルに向いてないので約定力はそれほど気にしない

ただXMの約定力についてはそれほど意識したことはありません。なぜならZERO口座を使わないと普通のマイクロやスタンダード口座ではスプレッドがやや広いのでスキャルには不向きだからです。

ただスキャル以外のデイトレなどでは注文執行について不快な気分になったことはないですし、スリッページもほとんどありません。思い返してみれば、注文関係では問題がないことが多いのですね。

 

各口座タイプの違い一覧

ZERO口座はスプレッドが狭いですがボーナスが無いので資金効率がやや低くなるんです。

タイプ別 マイクロ スタンダード XM ZERO
取引単位 10 1,000 1,000
1lotの大きさ 1,000 100,000 100,000
手数料 かかる
片道0.5pipsほど
最低入金 5usd 5usd 200usd
取引単位 1,000 100,000 100,000
最低取引単位 10 1,000 1,000
初回預託金 $5~ $5~ $200~
レバレッジ($1-20,000) 888倍 888倍 500倍
レバレッジ($2-10万) 200倍 200倍 200倍
レバレッジ($10万+) 100倍 100倍 100倍
ボーナスの対象
XMPの対象

 

XMが本業以外に活躍しているイベントについて

XMは他の海外FX会社と違って、本業以外のところにもお金を使っている傾向があります。例えば話題となった超有名な陸上選手ウサイン・ボルトとのパートナーシップ契約とか、1億円もの予算を割いた100万人ユーザーによるチャンピオンシップトーナメントを開催したりと話題には事欠きません。

他にも英の世界の100社のリストであるWF100に選出されたこともあるなど、第三者からの評価も高いです。

 

ウサインボルトとのスポンサー契約

XMの公式ホームページにはあの超有名な陸上選手ウサイン・ボルトの画像が掲載されています。ウサイン・ボルトといえば、世界で最も知名度がある陸上選手です。北京で叩き出した100m9.54秒の記録は人類史上最速の記録であり、未だに破られる兆しすらありません。なぜXMのサイトにボルトがいるのかというと、実はXMはそのウサイン・ボルトとのスポンサー契約を結んでいるからです。

稲妻という意味の「ライトニング・ボルト」の愛称で広く親しまれているウサイン・ボルト選手は、XMの公認ブランド大使として3年間の契約を結び、今後様々なキャンペーンやイベントでボルト選手の勇姿を見ることができます。XMのこの広告力は他のFX会社には真似出来ないパワーです

世界の100社:WF100にFX会社で唯一選ばれている

XMは世界の100社のリストであるWF100に選出されたこともあります。WF100 (World Finance 100)はゴールドマン・サックスやamazon、グーグルといった超一流の企業などが表彰される英経済誌が選出したリストです。日本では野村證券の野村総合研究所や任天堂などが選出されています。XMはその中の1社に選ばれたのです。

XMの他にFX会社は選ばれていません。これはXMが世界的なブローカーとして認識されていることの証明でもあります。他にもいろんな賞を受け取っていますが、ベストブローカー賞とかはあんまりアテにならないので、外部機関が選ぶこのようなリスト入りは評価できます。世界に代表される巨大ブローカー担ったことは疑いようがありません。

 

おすすめの記事