海外FX勝ち組ナビ

海外FXを利用した仮想通貨FXもはじめました

XMでETH、LTC、DSH、XRPのCFD銘柄が追加される!

XMでETH、LTC、DSH、XRPのCFD銘柄が追加される!

XMが新たに4種類のアルトコインCFDを取扱

2017年は仮想通貨元年でもあり、仮想通貨の話題には事欠きません。11月に入ってビットコインが再々度分裂すると思いきや、分裂が中止になったり、ビットコインの暴落が起こったと同時にビットコインキャッシュが暴騰したり、そのビットコインキャッシュにもハードウォークが起こり、分裂騒動が起こるなど、次々に新しいアクションが起こっています。

そんな仮想通貨はCFDでも取り扱われ始めていました。既にFXOPENなどがいくつかの仮想通貨CFD取引をできるようにしていますが、海外FX会社の人気業者であるMは、以前に追加したビットコインに加えて、新たに4種類のアルトコインのCFD取引銘柄を追加しました

新たな仮想通貨をMT5で取引可能

XM MT5プラットフォームで既にお取引可能となっているBitcoin (BTC/USD) に加えまして 、以下のようにさらに多くの仮想通貨の取り扱いを開始いたしました:

Ethereum (ETH/USD)
Litecoin (LTC/USD)
Dash (DSH/USD)
Ripple (XRP/USD)

既にMT5口座を保有いただいているお客様は、相場の気配値表示欄にて新しくお取引可能な銘柄を確認いただけます。 MT5口座を未開設のお客様は、さらなる口座の有効化手続きの必要なく会員ページから口座を開設し、弊社の新銘柄をお取引いただけます。

口座を開設し、コインのお取引を開始するには>>こちらをクリック
:XMメールより引用

 

追加される銘柄は4つ、どれも今年になって10~50倍に暴騰

ETH:イーサリアム
言わずと知れたアルトコインの筆頭。仮想通貨時価総額でもビットコインにつづいて2位を維持(直近でBCHに抜かれて3位に)ETHをベースにしたトークンが次々開発されて、投機的資金が流れやすい通貨です。2017年は1,000円前後から一気に3万円台と約30倍に高騰しています。

LTC:ライトコイン
ビットコインが金ならライトコインは銀を目指すをスローガンに、ビットコインの4倍の流通量があります。ビットコインと同じ理論で作られてビットコインにやや連動するように動き、2017年は500円付近から6~7000円と10数倍に高騰しました。

XRP:リップル
世界中の銀行機関と提携し、銀行の基準通貨になる可能性もある仮想通貨。あのGoogleが出資し、日本の三菱グループも自社コインを作るモデルにしたことが有名。ネット上ではビットコインに次ぐファンを抱えており、リップラーという勢力の買い支えが強い。2017年は1円前後から一気に50円まで暴騰し、50倍もの値上がりを示し、多くの投資家に夢を与えてくれました。今はかなり沈静化し、高騰したときの半分ほどになっています。

DSH:ダッシュ
匿名性が高いことで知られている仮想通貨。以前はダークコインと呼ばれており、匿名性の高さがどのように使われるかも注目。実は過熱感なく、ずっとじりじりときれいな右肩上がりをしています。2017年には1000円前後から5万円前後までおよそ50倍の高騰をしており、他通貨と比較しても下落がほとんどありません。

レバレッジ:
各アルトコインの必要証拠金率は20%です。つまりレバレッジは5倍になります。この間ビットコインCFDのレバレッジが5倍に引き上げられましたが、その条件と同じようにトレードすることができます。仮想通貨はボラティリティーが高いためレバレッジ5倍でも十分なてこの原理の効果を得られます。

 

アルトコインの取引はMT5口座で取引できる

今回のアルトコインCFDを取引できるのはMT5口座になります。ビットコインCFDと同じです。まだ新規口座開設をしていない方はこちらのXM公式ホームページより口座を開設しましょう。

既存のXM口座をすでに開設している方はまずこちらのXMプラットフォームページにアクセスして、MT5をダウンロードしておきましょう。そしてXMのマイページより追加口座開設ができます。マイページにログインすると左側にメニュー一覧が有ります。その上から4番目の【追加口座を開設する】で追加口座を開設できます。

 

Cryptcurrenciesカテゴリーにアルトコイン一覧

MT5口座にログインしたら左ウィンドウの気配値表示の下部にある「+」の項目から【ETHUSD】や【LTCUSD】と入力することで出すことができます。

他にもメニューの【表示>銘柄】をクリックします。

すると銘柄一覧が表示されます。仮想通貨はFXやCFDカテゴリーとは別のCryptcurrenciesカテゴリーにあるためすぐにわかります。ビットコインのBTCUSDの他に4つのアルトコインCFDが追加されていい感じに銘柄が揃ってきました。

 

XMでは1つの口座でFXも仮想通貨も両方トレードできる

人気業者であるXMが仮想通貨のCFDを取り扱ってくれるのは非常に便利です。FX口座で運用していた資金をそのまま流用することができますし、mtbitwalletを使うことで別FX会社からもスムーズに資金を移動できます。

日本ではFXと仮想通貨は別会社を使わないといけないため、こういったスムーズな資金移動や、1つの口座で複数の投資をすることはできません。1つの口座で為替のFX、商品コモディティーのCFD、そして仮想通貨のCFDを全部取引できるのは管理が楽ですし、資金をわざわざ移動させる必要もないので便利です。

 

XRP:リップルのCFDがトレードできるのは正直嬉しい

今回XMが追加したのはETH、LTC、XRP、DSHとメジャーな仮想通貨のために目新しさというものはありません。しかしこの中でもXRPはCFDとして取り扱っているところが少ないために、XRPをCFDとしてトレードできるのはとても嬉しいですね

XRP:リップルは一気に50倍になったことで日本の仮想通貨投資家の間でも非常に人気であり、CFDで取引したい人も多いでしょう。最近はXRPのチャートはレンジになっているために、レバレッジをかけてのトレードチャンスがありそうです。

最近では0.15~0.29USDのレンジになっています。下値圏ではレバレッジをかけての逆張りトレードをしてもいいですし、逆に0.29を抜けば一気にまた上がる可能性もあるので追随買いのチャンスも出てきます。もちろん暴落したときに売りでチャンスを狙うこともできます。

なんにしろ、仮想通貨CFDがトレードできるのはよいことです。急な暴落・暴騰にあたふたしないためにも、前もってXMに口座を作り、少額でもいいので入金してすぐにトレードできる環境を整えておくと安心できます。

 

Return Top