BTC相場が下落する売り要因にMTGOXが再登場!

ビットコイン相場は2017年に10万円から一気に240万円にまで暴騰したかと思えば、あっという間に60万円まで暴落しました。バブルが弾けたからだとか、投機の巻き戻しだとか言われます。

ただ相場が下がるには売りが必要です。そんな相場の売り材料として噂になったのがMTGOX(マウントゴックス)の管財人です。

 

MTGOX(マウントゴックス)について

知っての通りMTGOX(マウントゴックス)は2014年2月に約85万BTC(当時で4.6億ドル)がハッキングによって盗まれしまい、仮想通貨の信頼性を大きく失墜させた大事件です。不正出金されたということですが、当時のCEOであるマークカルプレス氏が関与して横領したとも言われていま すが、真相は明らかになっていません。

明らかになっていることは、MTGOX(マウントゴックス)管財人である小林弁護士は、管理資産として当時のビットコインを所有しており、それが値上がりによって今や2000億円ほどにまで膨れ上がっているという事実です。

 

 

CEOだったマークカルプレス氏の現在

 

ちなみにCEOだったマークカルプレス氏は釈放された後、国外には出れませんが普通に生活をしているようです。自分のサイトやTwitterなども公開しており、なんだか楽しそうに日本旅しているみたいですね。

 

 

MTGOXの管財人はBTCとBCHを市場で売却していた

当時はビットコインだけだったものが、ハードフォークによってビットコインキャッシュが多額に生み出されています。ビットコインゴールドなどは不明。

小林弁護士は資産を順次売却して円転すると言っており、実際に2017年末から2018年頭にかけてビットコインとビットコインキャッシュを市場で売却しています。

こちらはMTGOXに掲載されている裁判所への報告書類です。

これによるとBTCとBCHをどちらも3万5000枚ほど売却しています。

そして注目すべきところは、今後もBTCやBCC(BCH)を市場で売却していく方針であることを表明しているのです。

 

約2000億円の売り圧力になると言われる

現在、管財人は約16万のBTCとBCHを保有しているということです。BTC相場がいつも大変動するため、フィアット換算はあまりあてにありませんが、仮に1BTC=100万円換算すれば、16万BTCは1600億円。BCH=15万円として16万BCHは240億円になります。総額で1800億円相当の資産を有しており、それを売却する方針であることがわかっています。

ビットコインの時価総額から言えば1600億円など飲み込めそうにも思えますが、実際仮想通貨相場というものは悪材料に敏感に反応して大きく下げてしまうものであり、想定以上の大きな売りが入るだけでネガティブムードが一気に拡大してしまいます

現にまだ売ってもいないのに「MTGOX管財人が2000億円相当のBTCを売ろうとしている」噂が広まっただけで、BTCはネガティブムードになってしまったのです。

 

MTGOXのウォレットを見ることができるサイト

では実際にMTGOXがどれだけのBTCを保有しているかが気になるところですが、それを確認できるサイトがあります。cryptoground.comというサイトの、MTGOXウォレット監視サイトです。

 

 

MTGOXウォレット現在の残高も確認できる

上記の「mtgox-cold-wallet-monitor」はMTGOXのウォレットをすべて監視しているモニターサイトです。

サイトの上部には ALL MTGOX BTC(BCH) cold wallets を確認できます。これによると16万BTC、及び16万BCHが報告書から多少売却されていることが確認できます。

「MTGOXに掲載されている裁判所への報告書類」によると 2018年3月7日時点での保有枚数はBTCが166,344枚、BCC(BCH)が168,177枚ですので、 BTCは約1000枚、BCC(BCH)は約6000枚減っていることがわかります。

確かにBTCとBCC(BCH)を少しずつ市場で売却していることは嘘ではなさそうです。

 

参考:https://www.mtgox.com/img/pdf/20180307_report.pdf

 

各ウォレットの動きも一覧で確認できる

こちらのサイトでは各ウォレットを一覧で表示して、ご丁寧にステータスで動きがあったのかどうかまで表示してくれています。

「STATUS]タブにおいて 「No move」 が表記されていれば、そのウォレットは直近まで動きがなかったことですね。

 

もちろんBCC(BCH)のウォレットも確認できます。

 

こちらのサイトを注意深く監視していくことでMTGOXのBTCとBCHの動きをある程度追うことはできます。これも台帳がオンラインで公開されているビットコインの性質ならではですね。

ただ、実際はウォレットの動きを敏感に察知でもできない限り、動きは読めませんし、報告書にあったとおり市場に影響をなるべく与えないように少しずつ売却しているため、大きな動きを作るようなことにはなりにくいのかもしれません。

それよりも重要なのはMTGOXが裁判の結果どのような結末を迎えるかになります。

 

MTGOXに対する裁判所の判断が運命の分かれ目

現在もめているのはMTGOXを破産させるのか、民事再生法で倒産処理するかです。

それをめぐって東京地裁が頭を悩ませています。

なにせMTGOXが破産の場合はビットコイン債権者への配当上限は約100億円、民事再生法ではMTGOXが保有していたBTCが値上がりした約2,000億円と配当が大きく異なります。倒産した場合、配当が大きく値上がりして返ってくるという異例の事態になるのです。

MTGOXの債権者たちにとっては、値上がりしたBTCで配当をしてもらえば、資金が戻ってくるどころか大きな利益を得られるかもしれません。が破綻になってしまった場合、BTCの配当は困難になるため市場での売却によって円での配当になる可能性があります。

これだと心配されている2000億円の売り圧力がかかってしまうので、それこそ悲観ムードとリアルの売り圧力でBTC相場は壊れてしまいかねません。するとBTC保有者、MTGOX債権者、マークカルプレス、裁判の当事者、誰も得をしない結末となってしまいます。

 

ポイント

MTGOXのウォレットだけでなく、東京地裁の判断にも注目しておかなければいけないのです。

 

 

債権者が民事再生申立、裁判所の判断は・・・ 

 2017年11月、MTGOXの一部債権者が東京地裁に民事再生法の適用を申し立てた。
 申立代理人の西村あさひ法律事務所の菅野百合弁護士は、「ビットコイン債権者のほとんどは、MTGOXについて民事再生手続での解決を望んでいる。実際、約200名の債権者からその旨の意見表明をもらっている。今後も、再生手続への移行と、移行後のビットコイン債権者の権利の最大化のため、できる限りの活動をしていく」と語る。
 民事再生手続きは、破産開始時点の評価という上限が適用されず、ビットコイン債権者には「ビットコインでの配当も可能」(関係者)という。
 東京地裁は民事再生法が申し立てられた当日、民事再生手続きを行うべきかの判断を裁判所が選任した弁護士(調査委員)に命じた。
 2018年2月、調査委員は条件付きだが民事再生手続開始決定の要件を満たしているとの報告書を提出した。条件とは、「ビットコイン債権者でない一般債権者が不利にならないような民事再生手続き」などが含まれる。この条件は「対応可能」(関係者)という。
 報告書に基づき東京地裁が、破産手続きから民事再生に移行するか判断する。その日は目前に迫っている。

 MTGOXが保有する仮想通貨の売却に、東京地裁は慎重な姿勢をみせている。海外を含めた債権者が多く、ビットコイン相場への影響も懸念されるからだ。

 破産手続きの場合、ビットコインでの配当は困難といわれる。いずれは約16万BTCが売却され、金銭に換価される可能性が高い。

 一方、民事再生手続きに移行すると、ビットコインでの配当も可能になる。個人投資家も4年ぶりに手元にビットコインが戻り、再び仮想通貨での投資か換価ができる。
 破産管財人は「裁判所から新たな決定がない限り、破産手続きはこれまで通りに進行する。破産管財人は破産財団の管理処分権を有する」とコメントを発表している。
 乱高下を繰り返す仮想通貨を保有するMTGOXの破産手続きは、今までのルールや常識が通用しない。債権者だけでなく仮想通貨に投資しているMTGOXと無関係の個人投資家まで、固唾を飲んで東京地裁の判断を見守っている。

 

 

 

結局みんな色々試してはXMに戻ってくる

XMが選ばれる理由(出戻り理由)

XMは海外FX会社で標準のハイレバレッジに追証なしの0カット制度はもちろんあり

他には取引ごとにポイントが貯まるロイヤリティプログラムがとても豪華

入金するとボーナスが追加され瞬間レバレッジ1000倍も可能!

投資家次第でハイレバにも安定運用にもどちらにも使えます!

なにより日本人投資家のニーズに応えて
海外FX投資家へのサポートをずっと続けている歴史が信頼の証です

 

出戻り組も満足の特徴一覧:

  • 口座開設するだけで3,000円
  • 最大レバレッジ888倍
  • 約定拒否・リクオートなし
  • 追証なしの0カット制度
  • 全入金に対してボーナスが即時反映
  • ポイントを貯めて現金やボーナスに換金できるロイヤルティプログラム
  • 賞金総額1億円を超える豪華コンテスト開催(W杯チケットも)
  • 迅速な入出金・手数料はXM負担
  • 日本語ウェビナー
  • 日本語版FXニュースビデオ
  • 今までのずっと手厚い日本語サポートを続けている!
  • 数多くの安全性の施策
  • ビットコインの入金、出金に対応!
  • i-accountの出金に対応
  • mybitwalletの入金、出金に対応!
おすすめの記事