上海のXM事務所に警察が乗り込んだニュース

デジャヴを感じさせるニュースが入ってきました。XMの上海事務所が警察の捜索を受けたということです。中国のAtoForexというニュースサイトがそれを報じました。

”上海” のXMは中国人のIBとトレーダーに支払うべき報酬を支払わなかったという容疑がかかっています。

 

XMと中国人との事件の概要

中国の大手検索サイトでもあるBiaduが掲載した情報によると上海のXMは中国人IB、中国人トレーダーに対して払うべき報酬を払わなかったとして上海警察の捜索を受けています。

しかしこれに対して本社キプロスのXM担当者は 「顧客やIBに対する未払いの主張は真実ではなく、法的措置を講じる過程にある」と答えました。

 

IRONFXの事件と同じ、悪いのはFX会社?それとも中国人?

このニュースを見た人の感想としては大きくわかれると思います。「XMは悪い会社だったのか?、やっぱり中国人か?

というのも2年ほど前にいろいろと問題のあったIRONFXが全く同じようなことに巻き込まれているからです。

2015年にIRONFXは同じく中国人のIBとトレーダーから報酬が支払われていない、出金できるべき資金が出金できなかったと訴訟が起こっています。当時はナイフをもった人がIRONFXの事務所に乗り込んだりして、それがニュースに流されたこともあり騒ぎになっています。

しかしこの事件、後にアフィリエイターが存在しない人間を登録して報酬を水増ししようとしていたり、もともと出金できないものを勘違いした人などがかなりいたことがわかっています。要はFX会社をターゲットにしたカネ目当ての騒動もかなり含まれていたようです。

IRONFX側も、中国のグループが、自社のプロモーションを悪用して不法な方法でボーナスを得ようとした詐欺行為であると反論し、裁判を行っているということでした。しかし裁判が行われるところが中国であるなら、まともな判決が出る可能性のほうが低いです。それも計算のうちなのかもしれません。

 

IRONFXはイメージが悪いが、SPAM業者ではない

IRONFXは日本人にとってはイメージの悪い会社です。この事件以外にも日本の金融庁の認可を取るとか言って、日本人を一度完全に締め出したあとで、やっぱり認可取れなかったから再受け入れするわ!と営業を再開したりしたからです。信用がなくなるのも当然です。

 

IRONFXは罰金ではなく、和解金で事件を収束させている

しかし当のIRONFXは別に違反行為が確認されたわけではありません。CySECの公式発表ではIRONFXは中国のトラブルにおいて「Settlement €335.000 」和解金を払っています。しかしこれは罰金ではありません。違反行為が確認されれば罰金なのですが、和解金という表記です。少なくともCySECはIRONFXのトラブルでは違反行為は確認できず、IRONFXと中国人の当事者問題と扱ったようです。そこでIRONFXは事態収束のため和解に持ち込んだということです。

 

FX会社をターゲットにした和解金目的のトラブルの可能性も

今回のXMのケースはIRONFXのケースと非常に似通っています。トラブルの原因が報酬の未払いや、出金できない話、それに対してFX会社は同じ論述で反論しています。特にXMは今までも各国で法律的な問題をうまく切り抜けている印象が強く、コンプライアンスも厳しい会社として知られています。

IRONFXと同じで、CySECを始めとした、FCAやMiFID、AFMなど世界各国でライセンスをもっている企業が悪質行為などを行えば、それが発覚した時の経営に与えるダメージは図りしえません。それこそライセンスを剥奪されて、経営が立ち行かなくなる可能性だってあります。各監督期間による監査だってあります。それを踏まえるとそうかんたんに悪質行為を行える環境ではありません。

もっとも中国人グループの言ってることも確かかもしれません。オフショアFXの未払い噂というのはどこの国でも出て来るもので、日本でも ”1億円入金したら出金できなくなった” という噂話もあります。ただ、中国人の詐欺話や暴動というのはもうありふれた話であり、正直彼らの話の信用性も全然ありません。これからどうなるかはわかりませんので情勢を見守るほうがよいですが、結局はIRONFXと同じ、金を与えて和解という結末になる可能性が高いのではないでしょうか。

 

ちなみにXMはつい最近ベスト外為サービスプロバイダー賞を受賞を受賞しています。

3月30日にシティ・オブ・ロンドンのザ・ギルドホールで開催されたシティ・オブ・ロンドン・ウェルス・アンド・マネジメント・アワード (City of London Wealth and Management Awards) において2017年度ベスト外国為替サービスプロバイダー (Best Forex Service Provider) 賞を受賞したというニュースが出ています。

まだ3ヶ月しか経ってないのに2017年度のNo1会社がもう決まってしまうの?>というツッコミを入れたくなりますが、まぁ両極端なニュースです。

 

ベスト外為サービスプロバイダー賞を受賞=XMグループ〔GNW〕

【グローブニューズワイヤ】外国為替とCFD(差金決済取引)ブローカーのリーディング企業であるXMグループは、シティ・オブ・ロンドン・ウェルス・アンド・マネジメント・アワードにおいて2017年度ベスト外国為替サービスプロバイダー賞を受賞した。同アワードは年に1回開催され、各カテゴリーの受賞者はオンライン公開投票で決定する。XMは、トレーディング・ポイント・グループのブランド名で、「世界一速い男」ウサイン・ボルトを公認ブランド大使(公式取引パートナー)として契約している。〈GNW〉

【編注】この記事はグローブニューズワイヤ提供。

引用:https://www.msn.com/ja-jp/news/money/%e3%83%99%e3%82%b9%e3%83%88%e5%a4%96%e7%82%ba%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%93%e3%82%b9%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%90%e3%82%a4%e3%83%80%e3%83%bc%e8%b3%9e%e3%82%92%e5%8f%97%e8%b3%9e%ef%bc%9d%ef%bd%98%ef%bd%8d%e3%82%b0%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%97%e3%80%94%ef%bd%87%ef%bd%8e%ef%bd%97%e3%80%95/ar-BBzvm1B

 

 

追記:結果的に中国人のメチャクチャな責任転嫁と虚偽報道の可能性が高そうです

 

 

結局みんな色々試してはXMに戻ってくる

XMが選ばれる理由(出戻り理由)

XMは海外FX会社で標準のハイレバレッジに追証なしの0カット制度はもちろんあり

他には取引ごとにポイントが貯まるロイヤリティプログラムがとても豪華

入金するとボーナスが追加され瞬間レバレッジ1000倍も可能!

投資家次第でハイレバにも安定運用にもどちらにも使えます!

なにより日本人投資家のニーズに応えて
海外FX投資家へのサポートをずっと続けている歴史が信頼の証です

 

出戻り組も満足の特徴一覧:

  • 口座開設するだけで3,000円
  • 最大レバレッジ888倍
  • 約定拒否・リクオートなし
  • 追証なしの0カット制度
  • 全入金に対してボーナスが即時反映
  • ポイントを貯めて現金やボーナスに換金できるロイヤルティプログラム
  • 賞金総額1億円を超える豪華コンテスト開催(W杯チケットも)
  • 迅速な入出金・手数料はXM負担
  • 日本語ウェビナー
  • 日本語版FXニュースビデオ
  • 今までのずっと手厚い日本語サポートを続けている!
  • 数多くの安全性の施策
  • ビットコインの入金、出金に対応!
  • i-accountの出金に対応
  • mybitwalletの入金、出金に対応!
おすすめの記事