市場の目線が強気なのか、弱気なのか知りたい!

トレーダー
市場がブル(強気)だから買いだ!

トレーダー
いや市場はベア(弱気)だろ!
ここは売りで行くべきだ。ほら下げろ下げろ!

 

ワイ
どっちなんだよ!!!

 

市場の買い目線、売り目線とは

市場においては参加者が「買い目線」なのか「売り目線」でいるのかを知っておくのは大切です。

ブル市場の参加者がみんな買い目線でいれば次々に注文が入ってくるため株価は上がりやすく、相場全体が押し上げられます。

ベア逆にそんな上げてきた相場が一転下げに転じると「ヤバイ!売らなきゃ」「まずい!損が広がる」と売りが売りを呼ぶ奈落相場になることもあります。

そんな状況はトレーダーなら誰もが経験してきたことです。しかし実際どれくらい相場のセンチメントが買いでいるのか、売りでいるのか正確に知るすべはありません。トレーダーの ”第六感” の影響が強いこともあります。

しかし「Fear & Greed Index」というサイトを見たり、恐怖指数と呼ばれ「VIX指数」を見ることでその空気をしっかり明確な ”数字” として知ることができます。

Fear & Greed Index で強気・弱気が一目瞭然

Fear & Greed Index というサイトは相場の強気・弱気をグラフと色で一目でわかるようにしたサイトです。各ワードを直訳すると意味がすぐわかるサイトです。提供元はアメリカの大手総合メディア「ワーナーメディア」のニュース専用チャンネル「CNN」。

  • Fear (恐怖)
  • Greed (貪欲)
  • Index (指数)。

つまり相場が恐怖で支配されているのか、貪欲で支配されているのかを表しているのです。

貪欲貪欲に支配されているなら投資家はさらに利益を求めて買います。つまりブル。リスクオン。

恐怖恐怖するなら投資家は損を恐れて売りに走ります。つまりベア。リスクオフ。

これらがすぐに分かりますね。

50をニュートラルに
それより高ければ貪欲が勝っている
それより低ければ恐怖が勝っている
非常に単純です。
だからこそわかりやすい。

サイトはこちらです。

サイトには自動再生動画があるので注意

ただ右上に動画バナーがあり、サイトを開くと同時に音声がついた動画が流れます。

非常にうざったいので興味がないのであればサイトを開いたらすぐ動画を停止するかミュートにしておきましょう。

Fear & Greed Indexの算出指数

Fear & Greed Index は以下の7つの指数を元に市場のセンチメント(心理)を計算し、グラフに表しています。

  • Stock Price Momentum
  • Stock Price Strength
  • Stock Price Breadth
  • Put and Call Options
  • Junk Bond Demand
  • Market Volatility
  • Safe Haven Demand
    • 株価モメンタム: S&P500( SPX )対125日間の移動平均から現在の株価がどれくらい乖離しているか
    • 株価の強さ:NY証券取引所で52週間に高値更新した数と安値更新した数の差
    • 株価の幅:上昇している株と下落している株の差。
    • プット・アンド・コール・オプション:オプションのプット/コールの数量の差。
    • ジャンク債需要:投資適格債とジャンク債の利回りの差の数値。
    • 市場のボラティリティ:恐怖指数でお馴染みVIXの値
    • セーフヘブン需要:株式と国債のリターンの差

これら7つの指数を元にニュートラルを50、51以上になれば貪欲49未満になれば恐怖と評価付けています。

これらはサイト下部に表示されているので個別に見ても参考になります。

Fear & Greed Indexの3年間のチャート

また一番下には3年間を通したFear & Greed Indexの数値のチャートが掲載されています。

年間を通してみると数値が20を下回り、10以下になると相場の底をつけるケースが多いですね。

     

     

     

     

     

    ひと目で相場の強気・弱気を判別。流れに逆らわない

    このように相場のセンチメントがひと目で分かるので毎日とは言いませんが、定期的にチェックしておきましょう。そして相場の流れが決まっているならその波にはできるだけ逆らわないようにします。これがトレードの基本です。

    特に時間軸の長い日足、週足になると相場の流れに逆光するのは逆張りトレードになります。タイミングを見図らないとかなりの確率でやられますので、きちんと戦略をとってトレードしましょう。

    逆に1分足や1時間足くらいまでの短い足のデイトレードやスキャルトレードであれば、相場のセンチメントよりもその当日のセンチメントのほうが有効な判断材料になります。Fear & Greed Indexはそんな、日中の状況までは反映してはいませんので、デイトレードに参考にするのは止めましょう。

     

     

    結局みんな色々試してはXMに戻ってくる

    XMが選ばれる理由(出戻り理由)

    XMは海外FX会社で標準のハイレバレッジに追証なしの0カット制度はもちろんあり

    他には取引ごとにポイントが貯まるロイヤリティプログラムがとても豪華

    入金するとボーナスが追加され瞬間レバレッジ1000倍も可能!

    投資家次第でハイレバにも安定運用にもどちらにも使えます!

    なにより日本人投資家のニーズに応えて
    海外FX投資家へのサポートをずっと続けている歴史が信頼の証です

     

    出戻り組も満足の特徴一覧:

    • 口座開設するだけで3,000円
    • 最大レバレッジ888倍
    • 約定拒否・リクオートなし
    • 追証なしの0カット制度
    • 全入金に対してボーナスが即時反映
    • ポイントを貯めて現金やボーナスに換金できるロイヤルティプログラム
    • 賞金総額1億円を超える豪華コンテスト開催(W杯チケットも)
    • 迅速な入出金・手数料はXM負担
    • 日本語ウェビナー
    • 日本語版FXニュースビデオ
    • 今までのずっと手厚い日本語サポートを続けている!
    • 数多くの安全性の施策
    • ビットコインの入金、出金に対応!
    • i-accountの出金に対応
    • mybitwalletの入金、出金に対応!
    おすすめの記事