海外FX勝ち組ナビ

海外FXを利用した仮想通貨FXもはじめました

【仮想通貨取引】海外FX:FXOPENの口座認証方法

【仮想通貨取引】海外FX:FXOPENの口座認証方法

仮想通貨も取引できる老舗ブローカーFXOPEN

FXOPENは2003年の設立で2005年からFXサービスを提供して10年以上の歴史があるFX業界では老舗のブローカーです。サイト自体は英語表記で日本語対応はありませんが、マイページや取引ツールなどは日本語されています。これは表面的には日本人を受け入れてないという表面的な体裁をとっているわけです。

スペックとしてはレバレッジ500倍、取引できるペアは70種類以上(仮想通貨は別)、0.01USDの極小単位での取引や1USDからの取引、MT4はもちろん使えて、VPSサービスもあるなど環境は整っています。

FXOPENの差別化されているポイントとしては海外FXブローカーでも珍しい、仮想通貨のCFDを取引できる点です。Crypto口座という暗号通貨口座では、bitcoin、litecoin、DASH、ethereum、Namecoin、peercoinなどが取り扱われています。これが目的で口座開設する人が多数います。CFD取引ということで当然レバレッジをかけたり、信用売りをすることで下落局面でも利益を狙えます。

FXOPENのポイント

  • 10年以上のブローカーとしての歴史
  • MT4、MT5が利用できる
  • 極小単位や1USDからのマイクロ取引も可能
  • VPSサービスあり
  • 仮想通貨CFD取引あり
  • 仮想通貨建て口座保有可能

 

FXOPENの口座認証方法

FXOPENは英語なのでとっつきにくいイメージがありますが、それは見た目だけです。マイページはなぜか日本語化されており、口座認証書類も日本語のものでOKです。FXOPENは口座開設自体は非常に簡単で、ビットコインなどのコインでの入金も認証無しで行うことができます。

ただし口座認証を行わないと出金はできません。いくら利益が出ても出金できなければ意味がありませんので早めに認証しておきましょう。

 

マイページからの「設定>電子ウォレット認証」

まずはマイページからの「設定>電子ウォレット認証」を選択します。

 

身分証明書類と住所確認書類をアップロードする

すると他の海外FX会社と同じように身分証明書類と住所確認書類の2つの提出を求められます。身分証明書類は次のものが該当します。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード(写真付き)

住所確認書類については次のようなものが該当します。他のもバンクステートメントという銀行口座の証明書のようなものもありますが、日本の銀行ではこれを発行してくれるところはほとんどないために用意しにくいです。

  • 住民票の写し
  • 電気、ガス、水道の(住所が記載された)領収書
  • 固定電話、携帯電話の(住所が記載された)領収書
  • クレジットカードの(住所が記載された)領収書

該当書類を用意したらスキャンして画像をファイルにしてアップロードします。

口座の認証は通常平日48時間かかります。今回は日本語の書類を提出したためか4日ほどかかりました。

 

口座の認証完了

特に問題もなくアカウント認証ができました。日本語の書類でも問題ないのがうれしいですね。

 

認証が完了すれば口座から出金できる。

認証が完了すれば口座からの出金なども可能になります。ビットコインやライトコインでも送金や電信送金で銀行送金することも可能になります。

 

仮想通貨をレバレッジ買いや売りポジションを取れるのはFXOPEN

仮想通貨市場が非常に盛り上がっていますが、日本の取引所ではオルトコインを取引できるのがcoincheckしか存在せず、そのcoincheckも海外取引所のpoloniexへの取次をしているだけであり、流動性の悪さから非常にスプレッドがひどかったり取引停止になるなど実用性は低いです。

そのため仮想通貨でトレードをするならマイナーなオルトコインをpoloniexで、メジャーどころのコインをこのFXOPENでレバレッジトレードや売りトレードで勝負するのが流動性の面でも利便性でもお得です。

>>FXOPENの口座開設はコチラ

 

Return Top