MetaTrader4 のカスタム・インディケータの編集

本記事では、MetaTrader4 (MT4) にカスタム・インディケータを編集する方法についてご紹介します。 カスタム・インディケータを新規に作成するには、専門的な知識が必要となりますが、少し修正するだけならばそれほど難しくありません。今回は、前回使用した HistoricalVolatility を少し修正してみたいと思います。

 

カスタム・インディケータの編集

カスタム・インディケータを編集するには、ナビゲーターから対象のカスタム・インディケータを右クリックして、表示されるメニューから 修正(M) を選択します (図1)。


図 1

選択すると、図2のようなウィンドウが表示されます。


図 2

これは、MetaEditor と呼ばれており、カスタム・インディケータやエキスパート・アドバイザーを作成するための開発環境となっています。

今回は、次に説明するような修正を行いたいと思います。
このインディケータはその名の通り、ヒストリカル・ボラティリティを表示しています。しかし、期間による値の補正をしていないため、HVPeriod (計算に使う足の本数) やチャートの周期を変更すると、値が大幅に変わってしまい、比較できません。通常ボラティリティは、年率に換算した値を用いますので、その換算を行いたいと思います。
具体的には、これまでの値に「1440×260÷(足の周期の分数×HVPeriod)」の平方根を掛けます。
ついでに、100倍してパーセンテージにしておきます。

修正する箇所は、52行目 (図3の赤枠の箇所) になります。


図 3

ここを次のように書き換えます。
HVBuffer[i] = 100 * MathSqrt(var) * MathSqrt(1440.0 * 260.0 / (Period() * HVPeriod));
書き換えると図4のようになっているはずです。


図 4

修正前と修正後を見比べたものが図5です。


図 5

書き換えたら、これをMT4で動かせるようにするために、「コンパイル」という操作を行います。ツールバーの《コンパイル》ボタン (図4の赤枠の箇所) をクリックしてください。


図 6

図6のように、Toolbox の《Errors》タブに 0 error(s), 0 warning(s) と表示されたら (赤枠の箇所)、正常にコンパイルできています。何らかエラーが表示された場合は、書き間違いがあると思いますので、確認してください。
コンパイルが完了すると、新しいカスタム・インディケータが動作する状態になっています。チャートに HistoricalVolatility を表示させたままであれば、表示が変わっているはずです。表示させていない状態であれば、再度ナビゲーターから表示させてみてください。図7のようになっているかと思います。


図 7

違いが分かるように、旧バージョンと新バージョンを並べてみたものが図8です。


図 8

中段の HistoricalVolatility_Old と書かれているのが旧バージョンで、下段が新バージョンです。縦軸の目盛を見ていただくと分かりますが、新バージョンでは値が大きくなっています。これは年率に換算したボラティリティをパーセンテージで表示するようにしたためです。年率ボラティリティ約1~5%相当の変動で推移したという風に読み取ることができ、旧バージョンよりも分かりやすくなりました。

修正後の HistoricalVolatility.mq4 はこちらから取得できます。

 

修正前:

修正後:

 

以上、カスタム・インディケータの編集についてでした。

 

結局みんな色々試してはXMに戻ってくる

XMが選ばれる理由(出戻り理由)

XMは海外FX会社で標準のハイレバレッジに追証なしの0カット制度はもちろんあり

他には取引ごとにポイントが貯まるロイヤリティプログラムがとても豪華

入金するとボーナスが追加され瞬間レバレッジ1000倍も可能!

投資家次第でハイレバにも安定運用にもどちらにも使えます!

なにより日本人投資家のニーズに応えて
海外FX投資家へのサポートをずっと続けている歴史が信頼の証です

 

出戻り組も満足の特徴一覧:

  • 口座開設するだけで3,000円
  • 最大レバレッジ888倍
  • 約定拒否・リクオートなし
  • 追証なしの0カット制度
  • 全入金に対してボーナスが即時反映
  • ポイントを貯めて現金やボーナスに換金できるロイヤルティプログラム
  • 賞金総額1億円を超える豪華コンテスト開催(W杯チケットも)
  • 迅速な入出金・手数料はXM負担
  • 日本語ウェビナー
  • 日本語版FXニュースビデオ
  • 今までのずっと手厚い日本語サポートを続けている!
  • 数多くの安全性の施策
  • ビットコインの入金、出金に対応!
  • i-accountの出金に対応
  • mybitwalletの入金、出金に対応!
おすすめの記事