MetaTrader4 チャート上の描画された図形の編集・削除

本記事では、MetaTrader4 (MT4) でチャート上へ描画した図形を変更したり削除したりする方法を説明します。
図形に対する操作には、以下のようなものがありますので、順に紹介します。

 

  1. 図形の移動と変形
  2. 図形のコピー
  3. 図形の削除
  4. 図形のパラメーターや色の変更

 

図形の移動と変形

図形の移動および変形は、以下のような手順で行います。

  1. 図形を選択状態にする

 

まず、図形をダブルクリックして、選択状態にします。選択状態にするとマーカーが表示されます。

  1. マーカーをドラッグする

 

表示されたマーカーをドラッグすることで、移動や変形が行われます。どのマーカーをドラッグするのかは、図形によって異なります。
例えば、垂直線、水平線の場合は、図1のように図形の両端にマーカーが表示されます (ピンクの丸の箇所)。これをドラッグすることで移動することができます。垂直線、水平線については変形操作はありません。


図 1

 

一方、トレンドラインやチャネル、フィボナッチ系図形のような2点間をドラッグして描画する図形では、選択状態にすると3つ以上のマーカーが表示されます。トレンドラインを例にとると、図2のように3つのマーカー (ピンクの丸と赤丸の箇所) が表示されます。ドラッグの起点と終点の位置に表示されるマーカー (ピンクの丸) は、ドラッグすることで起点や終点の位置を変更してラインを変形することができます。起点と終点の間に表示されるマーカー (赤丸) は、ドラッグすることで形状を変えずにラインを移動することができます。


図 2

4つ以上のマーカーが表示される図形では、上記のような3つのマーカーに加えて図形の形状に関わるマーカーが追加されており、ドラッグすることで形状を変更することができます。例えばフィボナッチ・チャネルでは、以前に紹介したように4つ目のマーカーでラインの間隔を変更できます。

 

図形のコピー

Ctrl キーを押下したまま図形の移動と同じ操作 (移動用マーカーのドラッグ) を行うと、同じ形状の図形をコピーすることができます。図3は左のトレンドラインを右にコピーした状態です。このように簡単に同じ傾きのトレンドラインを引くことができます。


図 3

 

図形の削除

図形を削除するには、図形を選択状態にしてから図形を右クリックし、表示されるメニューで 削除(D) を選択します。
また、複数の図形を一括で削除するには、削除したい図形を全て選択状態にしてから、以下のいずれかの操作を行います。

 

  1. 選択状態となっている図形を右クリックし、表示されるメニューで 選択した全てを削除(S) を選択する
  2. Delete キーを押下する

 

図形のパラメーターや色の変更

図形のパラメーターや色を変更するには、図形を選択状態にしてから図形を右クリックし、表示されるメニューで (図形の名称)プロパティー… を選択して、設定画面を開きます。例えば標準偏差チャネルの場合は、図4のような画面が開きます。


図 4

設定画面には《全般》、《パラメーター》、《表示選択》の3つのタブがあります。図4は《全般》タブが選択された状態です。

全般タブでは、《名前》、《説明》、《スタイル》、《背景として表示》という設定ができます。《名前》は、この図形を識別するための名前で、初期状態ではMT4が自動的に決定した名前が設定されています。変更することも可能ですが、識別に用いるため、他の図形と同じ名前にはできません。《説明》は、図形の意味などを記入しておく欄です。《名前》と《説明》は、図形にマウスカーソルを合わせたときに表示されるバルーンに表示されます (図5)。


図 5

《スタイル》は、図形の色や線種を指定します。左から順に、色、線種、線の太さが指定できます。

《背景として表示》は、図形は通常チャート本体に被さるように描画されていますが、チェックを入れることでチャート本体の裏に隠れるように描画させることができます。図6の赤いラインは《背景として表示》にチェックを入れていないトレンドラインで、青いラインは《背景として表示》にチェックを入れたトレンドラインです。


図 6

《パラメーター》タブは、標準偏差チャネルの場合、図7のような内容になっています。

 


図 7

 

ここには、まず図形の位置・形状を示すパラメーターとして、《時間》、《価格》がいくつか表示されています。標準偏差チャネルは2つの時刻を指定して描画する図形なので、《時間》のみが2つ表示されていますが、トレンドライン等の2点を指定する図形では、《時間》、《価格》が2つずつ表示されます。フィボナッチ・チャネルのように形状を指定する点が他にもある場合は、その《時間》や《価格》が表示されています。

 

ライン系の図形では、《ラインを延長》というチェックボックスがあり、チェックを入れると終点より先へもラインを描画します。 他にも図形固有のパラメーターがある場合はここに表示されます。例えば標準偏差チャネルの場合は、《偏差》という欄があり、ラインの間隔を設定できます。 フィボナッチ系図形の場合は、以前に紹介したように《パラメーター》タブに加えて《フィボナッチ・レベル》タブもあり、フィボナッチ・レベルに関するパラメーターはそちらで設定します。

 

《表示選択》タブは、図8のような画面です。


図 8

ここでは、この図形をどの周期のチャートに表示するかを設定することができます。初期状態では《全ての時間足に表示する》となっていますが、このチェックを外して周期を指定することが可能です。

 

以上、図形の編集・削除についての説明となります。

 

 

結局みんな色々試してはXMに戻ってくる

XMが選ばれる理由(出戻り理由)

XMは海外FX会社で標準のハイレバレッジに追証なしの0カット制度はもちろんあり

他には取引ごとにポイントが貯まるロイヤリティプログラムがとても豪華

入金するとボーナスが追加され瞬間レバレッジ1000倍も可能!

投資家次第でハイレバにも安定運用にもどちらにも使えます!

なにより日本人投資家のニーズに応えて
海外FX投資家へのサポートをずっと続けている歴史が信頼の証です

 

出戻り組も満足の特徴一覧:

  • 口座開設するだけで3,000円
  • 最大レバレッジ888倍
  • 約定拒否・リクオートなし
  • 追証なしの0カット制度
  • 全入金に対してボーナスが即時反映
  • ポイントを貯めて現金やボーナスに換金できるロイヤルティプログラム
  • 賞金総額1億円を超える豪華コンテスト開催(W杯チケットも)
  • 迅速な入出金・手数料はXM負担
  • 日本語ウェビナー
  • 日本語版FXニュースビデオ
  • 今までのずっと手厚い日本語サポートを続けている!
  • 数多くの安全性の施策
  • ビットコインの入金、出金に対応!
  • i-accountの出金に対応
  • mybitwalletの入金、出金に対応!
おすすめの記事