テクニカル・インディケータの表示

本記事では、MetaTrader4 (MT4) のチャート上にテクニカル・インディケータを表示する方法について説明します。
まず、目当てのインディケータを選択する方法を説明し、続いてそれをチャート上に表示する方法を説明します。また、表示されているインディケータの設定を変更する方法、インディケータをチャートから削除する方法についても説明します。

  1. インディケータの選択
  2. インディケータの設定・表示
  3. インディケータの設定変更
  4. インディケータの削除

 

インディケータの選択

インディケータを表示するには、以下の3つの方法があります。

  1. メニューバーから 挿入(I) → 罫線分析ツール を選択
  2. ツールバーからインディケータボタンをクリック (図1の赤丸の箇所)
  3. ナビゲーターの《罫線分析ツール》を展開


図 1

メニューバーやツールバーを使用した場合は、図2のようなメニューが表示されます。


図 2

上部にはよく使用されるインディケータが6つ表示されており、下部には全てのインディケータが《トレンド》 (図3)、《オシレータ》 (図4)、《ボリューム》 (図5)、《ビル・ウィリアムス》 (図6) の4つに分類されています。最下部の《カスタム》はカスタム・インディケータが格納されています。ここから表示したいインディケータを探し、クリックすると、アクティブなチャート上にこのインディケータを表示するための設定画面が開きます。


図 3


図 4


図 5


図 6

ナビゲーターからインディケータを選択するには、《罫線分析ツール》をダブルクリックするか、左の + マークをクリックします。図7のような表示になります。


図 7

全てのインディケータがアルファベット順に並んでいますので、目当てのインディケータを探し、ダブルクリックするか、右クリックして チャートに表示(A) を選択すると、アクティブなチャート上にこのインディケータを表示するための設定画面が開きます。あるいは、インディケータ名をドラッグして、表示したいチャート上にドロップすることで、チャートを指定して表示させることができます。

 

インディケータの設定・表示

前述のようにインディケータを選択すると、設定画面が開きます。例えば、MACD (移動平均収束/拡散) を選択した場合、図8のような画面が開きます。


図 8

設定画面には、《パラメーター》、《色の設定》、《レベル表示》、《表示選択》の4つのタブがあります (インディケータによっては無いタブもあります)。以下の要領で設定の上、《OK》をクリックすると、チャート上にインディケータが表示されます。《キャンセル》をクリックすると、インディケータを表示せずに終了します。《リセット》をクリックすると、各種設定をそのインディケータの既定値に戻します。

パラメータータブは、インディケータの計算に関するパラメータや、インディケータによっては色や線種の設定が含まれます。オシレータ等のサブウィンドウを使うインディケータでは、表示範囲を指定する下限設定、上限設定が表示されます。

色の設定タブは MACD の場合、図9のような画面です。


図 9

ここでは、インディケータの表示色や線種、線の太さを指定します。

レベル表示タブは、図10のような画面です。


図 10

レベルとは、主にオシレータで使用するもので、指定した値の位置に横線を引くことができます。例えば RSI (相対力指数) は、30% 以下は売られすぎ、70% 以上は買われすぎと言われますが、それに対応して RSI インディケータの 30, 70 の位置にレベルを設定すると見やすくなります (図11 の赤矢印)。


図 11

レベルを設定するには、レベル表示タブの《追加》ボタンをクリックします。クリックすると、図12のように左側の一覧に行が追加されますので、《レベル設定》列に設定したい値を入力します。《説明》列にレベルの説明を入力することもでき、入力しておくとレベル線の左端に表示されます。


図 12

図11のような表示は、図13の設定で実現できます。


図 13

レベルを削除したい場合は、左の一覧からレベルを選択して、《削除》をクリックします。

表示選択タブは、このインディケータをどの周期のチャートで表示するかを設定します (図14)。通常は《全ての時間足に表示》となっていますが、例えば一目均衡表であれば日足以外では意味が無くなるので、日足以外に切り替えたときは表示されないようにするといったことが可能です。


図 14

また、《データ・ウィンドウに表示する》にチェックが入っているときは、このインディケータの値がデータ・ウィンドウに表示されます (図15の赤枠)。


図 15

インディケータの設定変更

チャート上にすでに表示させているインディケータに対して、その設定画面を再度表示させ、設定を変更することができます。
設定画面を呼び出すには、表示されているインディケータが何らか描画されている付近を右クリックすると、図16のようなメニューが表示されますので、そこから (インディケータ名) プロパティー… を選択してください。


図 16

インディケータによっては、描画されている箇所が右クリックしづらかったり、他のインディケータに隠れていて右クリックできなかったりしますが、そのような場合は、以下の方法で表示されているインディケータの一覧を表示させることができます。

  1. メニューバーの チャート(C) → 表示中の罫線分析ツール(L) を選択
  2. チャートウィンドウで右クリックすると表示されるメニューで 表示中の罫線分析ツール(L) を選択

こうすると、図17のような画面が開きますので、設定を変更したいインディケータを選択して、右の《編集(E)》をクリックすると、設定画面が開きます。


図 17

設定画面が開いたら、インディケータの設定・表示と同じ要領で設定することができます。

 

インディケータの削除

インディケータを削除するには、インディケータの描画部を右クリックして表示される図16のメニューから 分析ツールを削除(D) を選択するか、表示中の罫線分析ツール画面 (図17) を開き、インディケータを選択して右の《削除(D)》ボタンをクリックします。

以上、テクニカル・インディケータの表示についての説明でした。

 

 

結局みんな色々試してはXMに戻ってくる

XMが選ばれる理由(出戻り理由)

XMは海外FX会社で標準のハイレバレッジに追証なしの0カット制度はもちろんあり

他には取引ごとにポイントが貯まるロイヤリティプログラムがとても豪華

入金するとボーナスが追加され瞬間レバレッジ1000倍も可能!

投資家次第でハイレバにも安定運用にもどちらにも使えます!

なにより日本人投資家のニーズに応えて
海外FX投資家へのサポートをずっと続けている歴史が信頼の証です

 

出戻り組も満足の特徴一覧:

  • 口座開設するだけで3,000円
  • 最大レバレッジ888倍
  • 約定拒否・リクオートなし
  • 追証なしの0カット制度
  • 全入金に対してボーナスが即時反映
  • ポイントを貯めて現金やボーナスに換金できるロイヤルティプログラム
  • 賞金総額1億円を超える豪華コンテスト開催(W杯チケットも)
  • 迅速な入出金・手数料はXM負担
  • 日本語ウェビナー
  • 日本語版FXニュースビデオ
  • 今までのずっと手厚い日本語サポートを続けている!
  • 数多くの安全性の施策
  • ビットコインの入金、出金に対応!
  • i-accountの出金に対応
  • mybitwalletの入金、出金に対応!
おすすめの記事