MetaTrader4 での取引 – 新規注文

本記事では、MetaTrader4 (MT4) で新規注文を行う方法についてご紹介します。

  1. 新規注文画面による成行発注
  2. ワンクリックトレードツールによる発注
  3. ペンディング・オーダーの発注

 

新規注文画面による成行発注

MT4 で新規注文を出すための一般的な方法は、新規注文画面を使う方法です。新規注文画面からは、成行注文、指値注文、逆指値注文 (新規の指値注文、逆指値注文を合わせてペンディング・オーダーと呼びます) を出すことができます。
新規注文画面を表示するには、以下のいずれかの手順を行います。

 

  1. メニューバーの ツール(T) → 新規注文(N) を選択する
  2. 標準ツールバーの新規注文ボタンをクリックする
  3. チャート上で右クリックし、表示されるメニューから 注文発注 → 新規注文(N) を選択する
  4. 気配値表示の通貨ペアを右クリックして、表示されるメニューから 新規注文(N) を選択する
  5. F9 を押下する

 

いずれの操作でも、図1のような新規注文画面が開きます。

図 1

画面の左側には、ティックチャートが表示されます。赤いラインはビッド、青いラインはアスクを示しています。

右側には、注文内容を指定する欄があります。

通貨ペア欄は、取引する通貨ペアを指定する欄です。初期状態では基本的には、新規注文画面を開いたときのアクティブなチャートの通貨ペアが選択されています (気配値表示から選択した場合はその通貨ペア、チャートを1つも開いていないときは最後に新規注文画面を開いたときに選択されていた通貨ペアになります)。

数量欄は発注する数量を指定します。初期状態は、初めて新規注文を行うときは 1、2度目以降は前回発注した数量が入っています。

決済逆指値(S/L)、決済指値(T/P) 欄は、この注文で建玉が建ったときにその建玉に設定する決済逆指値、決済指値を指定する欄です。初期状態はいずれも 0 になっており、0 のときは決済注文を入れません。

コメント欄は、この建玉に添えるコメントを指定します。コメントはターミナルの《取引》タブや《口座履歴》タブに表示させることができます。

注文種別欄は、注文の種別を指定します。成行注文を出すには《成行注文(新規または決済取引)》を選択します。ペンディング・オーダーを出すには《指値または逆指値注文(新規注文)》を選択します。初期状態では《成行注文(新規または決済取引)》が選択されています。

《成行注文(新規または決済取引)》の代わりに《成行注文》とだけ表示される業者もあります (図2)。


図 2

《成行注文(新規または決済取引)》と表示される業者は、成行注文をInstant Execution という方式で取り扱っています。この方式は、発注した価格が重要な意味を持ち、業者がその価格で約定できると判断したときのみ約定が成立します。マーケットが変動してしまい、業者がその価格では約定できないと判断すると、約定は成立しません。

一方、《成行注文》と表示される業者は、Market Execution という方式で約定を行います。カウントダウン方式と呼ばれることもあります。この方式では、発注した価格には意味はなく、業者が注文を受け取った瞬間の価格で約定します。なお、こちらの方式では、決済逆指値(S/L)、決済指値(T/P) を新規注文時に同時に指定することができません (約定後に注文変更を行うことで指定することは可能です)。
最後に、提示価格との価格誤差を有効にするという欄があります。この欄にチェックを入れ、その下の最大価格誤差欄にポイント数を指定すると、前述の業者側の約定判断において、ここに指定したポイント数まで価格がずれていても、ずれた価格で約定が成立します (Market Execution 方式ではどれだけずれても約定が成立する方式のため、このような指定はありません)。

注文内容を指定し終えたら、《新規取引:成行売り》、《新規取引:成行買い》のいずれかをクリックすることで発注が行われます。

 

ワンクリックトレードツールによる発注

ワンクリックトレードツールとは、以前に画面の見方の回で説明しましたが、チャートの左上の逆三角のマークをクリックしたときに表示されるツールです (図3)。

図 3

 

中央上部に注文数量を指定し、SELL 部か BUY 部をクリックすると、直ちに新規成行注文が発注されます。
ただし、初めてクリックしたときは、次の図4のような免責事項確認画面が表示されます。


図 4

免責事項をよく読み、ご理解の上、下部のチェックボックスにチェックを入れて《OK》をクリックすると、発注が行われます。

なお、ここで《キャンセル》をクリックした場合は、ワンクリックトレードツールをクリックしたときに新規注文画面が開くようになります。一度キャンセルすると、ワンクリックトレードツールをクリックしても免責事項確認画面は表示されませんので、ワンクリック取引を有効にしたい場合は、オプション設定からワンクリック取引を有効にします。まず、メニューバーから ツール(T) → オプション(O) を選択し、設定画面が開いたら《取引》タブを選択します。図5のような画面が開きますので、一番下のワンクリック取引にチェックを入れます。チェックを入れるとすぐに図4と同様の免責事項確認画面が表示されますので、チェックを入れて《OK》をクリックし、設定画面も《OK》をクリックして閉じます。これでワンクリック取引が有効になります。逆に無効にしたい場合はこの画面でチェックを外してください。


図 5

 

ペンディング・オーダーの発注

ペンディング・オーダーを発注する方法には、新規注文画面を用いる方法と、チャートから指示する方法があります。
新規注文画面を用いる方法では、まず前述の要領で新規注文画面を表示させ、注文種別欄で《指値または逆指値注文(新規注文)》を選択します。図6のような画面になります。


図 6

通貨ペア、数量、決済逆指値(S/L)、決済指値(T/P)、コメント欄は、成行注文の場合と同様に指定します。下の赤枠部がペンディング・オーダー特有の設定項目です。

注文種別欄は、売買種別と指値・逆指値の種別を同時に指定します。Buy Limit (買い指値)、Sell Limit (売り指値)、Buy Stop (買い逆指値)、Sell Stop (売り逆指値) から選択します。

価格欄は、注文価格を指定します。有効期限欄は、注文を有効とする日時を指定します。

指定後、《送信》をクリックすると、注文が送信されます。

 

以上、新規注文の発注方法についての説明でした。

 

 

結局みんな色々試してはXMに戻ってくる

XMが選ばれる理由(出戻り理由)

XMは海外FX会社で標準のハイレバレッジに追証なしの0カット制度はもちろんあり

他には取引ごとにポイントが貯まるロイヤリティプログラムがとても豪華

入金するとボーナスが追加され瞬間レバレッジ1000倍も可能!

投資家次第でハイレバにも安定運用にもどちらにも使えます!

なにより日本人投資家のニーズに応えて
海外FX投資家へのサポートをずっと続けている歴史が信頼の証です

 

出戻り組も満足の特徴一覧:

  • 口座開設するだけで3,000円
  • 最大レバレッジ888倍
  • 約定拒否・リクオートなし
  • 追証なしの0カット制度
  • 全入金に対してボーナスが即時反映
  • ポイントを貯めて現金やボーナスに換金できるロイヤルティプログラム
  • 賞金総額1億円を超える豪華コンテスト開催(W杯チケットも)
  • 迅速な入出金・手数料はXM負担
  • 日本語ウェビナー
  • 日本語版FXニュースビデオ
  • 今までのずっと手厚い日本語サポートを続けている!
  • 数多くの安全性の施策
  • ビットコインの入金、出金に対応!
  • i-accountの出金に対応
  • mybitwalletの入金、出金に対応!
おすすめの記事