MetaTrader4 での取引 – トレイリング・ストップ注文

本記事では、MetaTrader4 (MT4) でトレイリング・ストップ注文を発注する方法についてご紹介します。

  1. MT4のトレイリング・ストップ注文について
  2. トレイリング・ストップ注文の発注
  3. トレイリング・ストップ注文の実例

 

MT4のトレイリング・ストップ注文について

トレイリング・ストップ注文とは、相場の変動に追従して注文価格を変化させる逆指値注文です。様々な亜種がありますので、MT4のトレイリング・ストップ注文特有の振舞いを説明します。 まず最も重要な点は、MT4のトレイリング・ストップ注文はMT4クライアントで管理されているという点です。トレイリングによって設定された最新の注文価格はサーバに送信されており、MT4クライアントを終了しても引き続き有効ですが、MT4クライアントが動いていない間はトレイリングが行われません。 また、トレイリングの仕方ですが、次のようになっています。

 

  • 市場価格が建玉の価格からトレイリング・ストップの設定値の分だけ良い価格になった時点でトレイリングが開始される
    • 例えば、100.000 の買い建玉に 50 ポイントのトレイリング・ストップを設定すると、ビッドが 100.050 になるとトレイリングが開始され、逆指値価格が 100.000 に設定される
  • 以後、市場価格と逆指値の注文価格がトレイリング・ストップの設定値よりも乖離するごとに注文価格が更新される
    • 上記の例に続いてビッドが 100.051 になると、逆指値価格は 100.001 に更新される

 

上記のトレイリング開始条件が満たされるまでは、逆指値価格は一切更新されません。したがって、最初は手動で損切り目的の逆指値注文を入れておくことができます。逆に言うと、損切り価格を切り上げて (あるいは切り下げて) いくような用途には使用できません。

なお、トレイリング・ストップ注文は、使用可能な業者と使用できない業者がありますのでご注意ください。

 

トレイリング・ストップ注文の発注

トレイリング・ストップ注文の発注は、ターミナルの《取引》タブから対象の建玉を右クリックするか、チャート上の建玉を示すラインを右クリックして表示されるメニューから トレイリング・ストップを選択することで表示されるサブメニューから発注します。図1のようなサブメニューになっています。


図 1

初期状態では 無し(N) にチェックが入っており、この建玉にトレイリング・ストップ注文が設定されていないことを示しています。下の 15 points ~ 50 points は、選択した設定値のトレイリング・ストップ注文が発注されます (選択肢のポイントは業者によって異なります)。

一番下の カスタム設定… を選択すると、任意の設定値によるトレイリング・ストップ注文が発注できます。図2のような画面が開きますので、設定値を入力して《OK》をクリックすると発注されます。図2にあるように、最低設定というポイント数があり、この値以上のものしか設定できません (最低設定は業者によって異なります)。


図 2

図1のサブメニューの最上部にある 全て削除(D) は、全ての建玉のトレイリング・ストップ注文を削除するものです。選択した建玉だけではないので注意してください。選択した建玉のトレイリング・ストップ注文を解除するには、無し(N) を選択します。

 

トレイリング・ストップ注文の実例

ここからは、実際にトレイリング・ストップ注文を使用した実例を紹介したいと思います。
まず、USDJPY の買い建玉を建てました。図3を見てください。


図 3

アスクが 101.851 のときに買いの新規注文を成行で発注し (緑丸の箇所)、約定価格101.851の買い建玉が建ちました (赤丸の箇所が約定価格です)。すぐにトレイリング・ストップ注文を15ポイントで設定しました。

操作履歴は次のようになっています。
2014.07.28 16:17:37.233 order buy market 1.00 USDJPY sl: 0.000 tp: 0.000
2014.07.28 16:17:37.421 order was opened : #110004576 buy 1.00 USDJPY at 101.851 sl: 0.000 tp: 0.000
2014.07.28 16:17:42.788 trailing stop 15 pip(s) on #110004576 placed

その後、思惑通りに価格が上昇し、図4のような状態になりました。


図 4

ビッドが101.856まで上昇したため、5ポイント分の含み益が出ています。発注数量1.00ロットは10万ドルなので、5ポイントは500円に相当します。USD口座なので、損益は4.91ドルと表示されています (赤丸の箇所)。
トレイリング・ストップ注文の設定値は15ポイントで、含み益は15ポイントに到達していませんので、まだ決済逆指値(S/L) は設定されていません (緑丸の箇所)。

その後、さらに価格が上昇し、図5の状態になりました。


図 5

ビッドが101.878まで到達しました (緑丸の箇所) ので、含み益は27ポイント分になっています。トレイリングが開始しており、101.878から15ポイント下の101.863に決済逆指値(S/L)が設定されています (赤丸の箇所)。
操作履歴は以下のようになっています。

2014.07.28 16:21:28.194 trailing stop #110004576 -> 101.853
2014.07.28 16:21:28.194 modify order #110004576 buy 1.00 USDJPY at 101.851 sl: 0.000 tp: 0.000 -> sl: 101.853 tp: 0.000
2014.07.28 16:21:28.364 order #110004576 buy 1.00 USDJPY at 101.851 was modified -> sl: 101.853 tp: 0.000
⇒ ビッドが101.868に到達し、含み益が15ポイントを超え、トレイリングが開始されました。

2014.07.28 16:21:28.380 trailing stop #110004576 -> 101.855
2014.07.28 16:21:28.380 modify order #110004576 buy 1.00 USDJPY at 101.851 sl: 101.853 tp: 0.000 -> sl: 101.855 tp: 0.000
2014.07.28 16:21:28.583 order #110004576 buy 1.00 USDJPY at 101.851 was modified -> sl: 101.855 tp: 0.000
⇒ 上値が更新され101.870になったので、S/L が切り上がりました。

2014.07.28 16:21:32.124 trailing stop #110004576 -> 101.856
2014.07.28 16:21:32.124 modify order #110004576 buy 1.00 USDJPY at 101.851 sl: 101.855 tp: 0.000 -> sl: 101.856 tp: 0.000
2014.07.28 16:21:32.317 order #110004576 buy 1.00 USDJPY at 101.851 was modified -> sl: 101.856 tp: 0.000
⇒ 上値が更新され101.871になったので、S/L が切り上がりました。

2014.07.28 16:25:17.811 trailing stop #110004576 -> 101.857
2014.07.28 16:25:17.811 modify order #110004576 buy 1.00 USDJPY at 101.851 sl: 101.856 tp: 0.000 -> sl: 101.857 tp: 0.000
2014.07.28 16:25:17.828 trailing stop #110004576 -> 101.858
2014.07.28 16:25:17.828 modification of order #110004576 buy 1.00 USDJPY at 101.851 sl: 101.856 tp: 0.000 -> sl: 101.858 tp: 0.000 failed [Trade context is busy] 2014.07.28 16:25:17.828 modify order #110004576 buy 1.00 USDJPY at 101.851 sl: 101.856 tp: 0.000 -> sl: 101.858 tp: 0.000
2014.07.28 16:25:17.982 order #110004576 buy 1.00 USDJPY at 101.851 was modified -> sl: 101.857 tp: 0.000
2014.07.28 16:25:18.002 order #110004576 buy 1.00 USDJPY at 101.851 was modified -> sl: 101.858 tp: 0.000
⇒ 上値が101.872、101.873と立て続けに更新され、S/L が切り上がりました。

2014.07.28 16:25:18.045 trailing stop #110004576 -> 101.859
2014.07.28 16:25:18.045 modify order #110004576 buy 1.00 USDJPY at 101.851 sl: 101.858 tp: 0.000 -> sl: 101.859 tp: 0.000
2014.07.28 16:25:18.232 order #110004576 buy 1.00 USDJPY at 101.851 was modified -> sl: 101.859 tp: 0.000
⇒ 上値が更新され101.874になったので、S/L が切り上がりました。

2014.07.28 16:25:21.382 trailing stop #110004576 -> 101.862
2014.07.28 16:25:21.382 modify order #110004576 buy 1.00 USDJPY at 101.851 sl: 101.859 tp: 0.000 -> sl: 101.862 tp: 0.000
2014.07.28 16:25:21.554 order #110004576 buy 1.00 USDJPY at 101.851 was modified -> sl: 101.862 tp: 0.000
⇒ 上値が更新され101.877になったので、S/L が切り上がりました。

2014.07.28 16:28:50.469 trailing stop #110004576 -> 101.863
2014.07.28 16:28:50.469 modify order #110004576 buy 1.00 USDJPY at 101.851 sl: 101.862 tp: 0.000 -> sl: 101.863 tp: 0.000
2014.07.28 16:28:50.656 order #110004576 buy 1.00 USDJPY at 101.851 was modified -> sl: 101.863 tp: 0.000
⇒ 上値が更新され101.878になったので、S/L が切り上がりました (図4の状態)。

その後、価格が下降に転じ、図6の状態になりました。


図 6

ビッドが決済逆指値(S/L)の101.863を下回り、建玉は決済されました。
結果、101.851で買い建てて101.863で手仕舞いした形となり、12ポイント(1,200円)の益となりました。
2014.07.28 16:30:05.525 order #110004576 buy 1.00 USDJPY at 101.851 closed due stop-loss at price 101.863

 

以上、トレイリング・ストップ注文についての説明でした。

 

結局みんな色々試してはXMに戻ってくる

XMが選ばれる理由(出戻り理由)

XMは海外FX会社で標準のハイレバレッジに追証なしの0カット制度はもちろんあり

他には取引ごとにポイントが貯まるロイヤリティプログラムがとても豪華

入金するとボーナスが追加され瞬間レバレッジ1000倍も可能!

投資家次第でハイレバにも安定運用にもどちらにも使えます!

なにより日本人投資家のニーズに応えて
海外FX投資家へのサポートをずっと続けている歴史が信頼の証です

 

出戻り組も満足の特徴一覧:

  • 口座開設するだけで3,000円
  • 最大レバレッジ888倍
  • 約定拒否・リクオートなし
  • 追証なしの0カット制度
  • 全入金に対してボーナスが即時反映
  • ポイントを貯めて現金やボーナスに換金できるロイヤルティプログラム
  • 賞金総額1億円を超える豪華コンテスト開催(W杯チケットも)
  • 迅速な入出金・手数料はXM負担
  • 日本語ウェビナー
  • 日本語版FXニュースビデオ
  • 今までのずっと手厚い日本語サポートを続けている!
  • 数多くの安全性の施策
  • ビットコインの入金、出金に対応!
  • i-accountの出金に対応
  • mybitwalletの入金、出金に対応!
おすすめの記事