XMにログインすると追加情報を求められる

12/1までにXMからXMtradingへの移行が無料でできましたが、その期間が過ぎてからXMにログインすると追加情報を求められるフォームが表示されています。これはXM口座、XMtrading口座両方で同じように表示されています。

下記にも提示されていますが、共通報告様式(Common Reporting Standard:CRS)準拠が目的のため、XM,XMtradingにかかわらず入力画面は表示されるということですね。

 

入力が必要なのは納税者番号、つまりマイナンバー

入力項目は3つ、「納税者番号の有無」「納税国」「納税者番号」になります。基本はこれだけで、マイナンバーを用意し、納税国を選択(Japan)、納税者蛮行にマイナンバーを入力することで完了です。法人の場合は法人番号でしょうか。

 

共通報告基準(CRS:Common Reporting Standard)とは何か

CRSは知らない人も多いでしょうが、海外を利用する人や税関係に詳しい人であればよく知っている制度です。これは外国の金融機関に保有する口座を利用した国際的な租税回避を防止するために、経済協力開発機構(OECD)が策定した、金融口座情報を自動交換する制度です。

これまでは各国の政府は自国の金融機関のみに情報公開を請求することができ、他国の金融機関に情報公開を迫れるのは租税条約を締結している国に限られ、しかも複雑な手続きが必要など非常に面倒な手間がかかっていました。

しかしCRSが施行されたことで、他国の金融機関でもCRSに参加していれば自国の納税者の情報を当該国に報告しなければいけないようになりました。

XMが本拠点を構えているキプロスはCRSに参加しているため、キプロスの規制下にあるXMはCRSを遵守するために投資家の口座情報を管理しなければいけない義務があるというわけです。そのために追加情報を求めているということですね。

ちなみに香港やシンガポールをはじめ金融立国や先進国は軒並みこのCRSに参加しているのですが、アメリカだけはCRSに参加していません。他国の情報は請求するのに自国の情報は出したくない実にアメリカ的ですね。

 

追加情報の入力の必要性はどうなのか

上記のように今回の追加情報入力はCRSのためですからCRSに参加しているキプロスのXM口座を保有している方は入力しなければ口座が使えなくなるでしょう。

セーシェルについては今のところ入力しないでも利用制限などは無いので様子見してもよいかもしれません。

ちなみにマイナンバーを入力すればXMの取引情報がすべて日本に伝わってしまうのかどうかについてはわかりません。それについてはXMしか答えることはできませんし、聞いても答えてはくれませんし。

ただマイナンバー情報入力といっても、公的書類のアップロードが必要ないところがポイントです。公的書類の裏付けがないなら、適当な数字を入力しても本当の数字かどうか確認のしようがないはずです。つまりはそういうことです。

 

XM口座は今後使いにくくなっていく、XMtradingへ移行する機会か

XM口座についてはこのように規制がどんどん厳しくなっていくことが予想されています

欧州の規制が強化されていくことで今後レバレッジの規制は必至であり、ボーナスやキャッシュバック制度についてもなんらかの影響が出てくる可能性も高いです。それに加えていろんな情報を提示する必要も出てきており、なおかつXMtradingには導入されている仮想通貨CFDやMybitwallet入出金も使えないままで非常に不都合な状況になっています。

XM口座を保有していることによるメリットはキプロス規制下にあることでセーシェル規制下のXMtradingよりも多少安全性が高いかもしれないということくらいですが、同じTradingpointのグループである以上ほとんど違いはないといっていいでしょう。そうなるとXM口座を保持していくメリットはほぼないのではないかということです。この機会にXMtradingに移管しなかった人もXMtradingへ移動するいい機会かもしれません。

 

XM口座 が XMtrading口座 より勝っているポイント

  • 安全性くらい?

XMtrading口座 が XM口座 より勝っているポイント

  • 仮想通貨のCFDが取引できる
  • ビットコイン入出金も可能
  • i-accountやmybitwalletなどの電子マネー入出金も多彩
  • (今後)XM口座がレバレッジ規制されるため、XM口座よりもレバレッジが高くなる
  • (今後)XM口座が規制されるため、ボーナスやキャッシュバック

 

XMtradingへ移ってほしい会社側のメッセージ?

前回のXMからXMtradingへの移管といい、追加情報といい、これはXM自身が情報管理とか手間が増えてばかりのXM口座よりも、いろいろ自由にやれるXMtradingへ移ってほしいという意図がみえみえです。会社側の意向を読んでいけば、今後もXM口座は不便な状況が続き、XMtrading口座は利用しやすい状況が続くことが容易に想像できるでしょう。

前回の移管作業ではちょっと様子見してた私も、この機会に移管を始めようかと考えています。移管っていってもXM口座から出金してXMtradingに入金し直すだけですがね。

結局みんな色々試してはXMに戻ってくる

XMが選ばれる理由(出戻り理由)

XMは海外FX会社で標準のハイレバレッジに追証なしの0カット制度はもちろんあり

他には取引ごとにポイントが貯まるロイヤリティプログラムがとても豪華

入金するとボーナスが追加され瞬間レバレッジ1000倍も可能!

投資家次第でハイレバにも安定運用にもどちらにも使えます!

なにより日本人投資家のニーズに応えて
海外FX投資家へのサポートをずっと続けている歴史が信頼の証です

 

出戻り組も満足の特徴一覧:

  • 口座開設するだけで3,000円
  • 最大レバレッジ888倍
  • 約定拒否・リクオートなし
  • 追証なしの0カット制度
  • 全入金に対してボーナスが即時反映
  • ポイントを貯めて現金やボーナスに換金できるロイヤルティプログラム
  • 賞金総額1億円を超える豪華コンテスト開催(W杯チケットも)
  • 迅速な入出金・手数料はXM負担
  • 日本語ウェビナー
  • 日本語版FXニュースビデオ
  • 今までのずっと手厚い日本語サポートを続けている!
  • 数多くの安全性の施策
  • ビットコインの入金、出金に対応!
  • i-accountの出金に対応
  • mybitwalletの入金、出金に対応!
おすすめの記事