MetaTrader4 への図形描画 – チャネルラインの描画

本記事では、MetaTrader4 (MT4) でチャート上へ描画できる図形のうち、チャネルについて紹介します。チャネルにはいくつかの種類があります。

 

  1. フィボナッチ
  2. 線形回帰
  3. 等距離
  4. 標準偏差

 

MetaTrader4チャートにチャネルの描画

MT4 で描画できるチャネルは、フィボナッチ、線形回帰、等距離、標準偏差の4つがあります。
いずれもメニューバーの 挿入(I) → チャネル(C) 内から選択します。等距離チャネルはライン等ツールバーにもありますので、こちらをクリックしても結構です (図4の赤枠)。


図 4

描画時の操作方法は、各チャネルで異なってきますので、個別に説明します。

 

フィボナッチ

フィボナッチ・チャネルは、2段階の操作で描画します。
まず、トレンドラインの要領で基準となるラインを引きます。図5は、2つの赤丸間をドラッグして描画した状態です。


図 5

 

次に、ラインの間隔を調整します。調整するにはまず、標準カーソルでフィボナッチ・チャネルをダブルクリックして選択状態にします。この際、ダブルクリックするのは基準となるライン (図5では一番上のライン) かその隣のラインです。他のラインはダブルクリックしても選択状態になりません。 選択状態にすると、図6のようにマーカーが4つ表示されます。このうち、基準となるラインの隣のライン上にあるマーカー (赤丸の箇所) をドラッグして、ラインの間隔を調整します。


図 6

 

線形回帰

線形回帰チャネルの描画は、2点間をドラッグするだけでできます。指定が必要なのは起点と終点の時刻のみで、ラインの傾きや間隔は価格から自動的に決定されます。
図7は、赤丸の2点間をドラッグして描画した例です。


図 7

 

等距離

等距離チャネルは、フィボナッチ・チャネルと同様に描画します。フィボナッチ・チャネルでは、基準となるラインと間隔を決めるためのラインに加えて、4本の平行線が自動的に描画されましたが、等距離チャネルはこの4本が無いチャネルと考えてください。

 

標準偏差

標準偏差チャネルは、線形回帰チャネルと同様、2つの時刻を指定して描画します。

先程の線形回帰チャネルとほぼ同時刻を指定して描画した例が図8です。中心の線は線形回帰チャネルと同様に線形回帰によって決定されています。上下の線は、線形回帰チャネルでは全ての終値が内側に入るように描画されていましたが、標準偏差チャネルでは中心線から1シグマの位置、すなわち全ての終値のうち約68%が内側に入るような位置に描画されています。


図 8

 

以上、チャネルの描画についての説明でした。

 

 

結局みんな色々試してはXMに戻ってくる

XMが選ばれる理由(出戻り理由)

XMは海外FX会社で標準のハイレバレッジに追証なしの0カット制度はもちろんあり

他には取引ごとにポイントが貯まるロイヤリティプログラムがとても豪華

入金するとボーナスが追加され瞬間レバレッジ1000倍も可能!

投資家次第でハイレバにも安定運用にもどちらにも使えます!

なにより日本人投資家のニーズに応えて
海外FX投資家へのサポートをずっと続けている歴史が信頼の証です

 

出戻り組も満足の特徴一覧:

  • 口座開設するだけで3,000円
  • 最大レバレッジ888倍
  • 約定拒否・リクオートなし
  • 追証なしの0カット制度
  • 全入金に対してボーナスが即時反映
  • ポイントを貯めて現金やボーナスに換金できるロイヤルティプログラム
  • 賞金総額1億円を超える豪華コンテスト開催(W杯チケットも)
  • 迅速な入出金・手数料はXM負担
  • 日本語ウェビナー
  • 日本語版FXニュースビデオ
  • 今までのずっと手厚い日本語サポートを続けている!
  • 数多くの安全性の施策
  • ビットコインの入金、出金に対応!
  • i-accountの出金に対応
  • mybitwalletの入金、出金に対応!
おすすめの記事