MetaTrader4 のフォルダの意味

本記事では、MetaTrader4 (MT4) で使用する各種フォルダの意味について説明します。
MT4 が使用するフォルダは大きく分けて2箇所にありますので、それぞれ順に説明します。

 

  1. MT4 インストールフォルダ
  2. データフォルダ

 

MT4 インストールフォルダ

MT4 が使用するフォルダの2箇所のうちの1つは、インストーラーで指定した MT4 のインストール先のフォルダです。初期設定のままであれば、32ビット版 Windows では C:\Program Files\MetaTrader 4 、64ビット版 Windows では C:\Program Files (x86)\MetaTrader 4 となっているかと思います。
ここにあるファイルは、MT4 のインストーラーや自動アップデート機能が操作することのみ想定されており、一般の利用者が直接操作することはありません。中に MQL4 というフォルダがあり、そこにはカスタムインディケータやエキスパートアドバイザーのサンプルが置かれていますが、利用者がここにファイルを配置しても MT4 から使うことはできません。ここにあるファイルは、MT4 がインストールされている PC で、あるユーザが初めて MT4 を起動したときに、そのユーザ用のデータフォルダを作成する際のコピー元としてのみ使われます。
特に注意が必要な点としては、古い書籍や Web 上の記事では、入手したカスタムインディケータやエキスパートアドバイザーを配備する手順として、MT4 インストールフォルダ内にファイルを配置するような記述が見られますが、2014年2月3日にリリースされた build 600 以降のバージョンでは、上記のような仕組みに変わっています。古い資料を参照する際は、次に説明するデータフォルダに配置するものとして読み替えてください。

 

データフォルダ

データフォルダは、MT4 を利用するにあたっての設定やカスタムインディケータ、エキスパートアドバイザー等、様々なファイルが置かれるフォルダです。データフォルダは PC のユーザごとに独立して存在していますので、1つの PC で複数の人が MT4 を利用するような場合でも、設定等は独立して保持されます。
MT4 のメニューバーから、ファイル(F) → データフォルダを開く(D) と選択すると、データフォルダが開かれます (図1)。C:\Users\《Windows のユーザ名》\AppData\Roaming\MetaQuotes\Terminal\《インスタンスID》という場所になります。

  1. インスタンス ID とは、1つの PC に複数の MT4 がインストールされている場合に、どの MT4 のデータフォルダなのかを区別できるようにするための ID です。異なる MT4 をインストールして起動すると、インスタンス ID の部分が異なる別のデータフォルダが作成されますので、複数の MT4 の設定が混ざってしまうことは無いようになっています。

 


図 1

データフォルダの内部の階層は図2のようになっています。

 


図 2

 

各フォルダの用途は以下の通りです。

config                  MT4 の各種設定ファイル
history                 各種履歴データ
default         サーバ未接続時に参照されるサンプル的なチャートデータ

《サーバ名》    当該サーバに接続して取得されたチャートデータ
※ 図2では、AlpariJapan-Demo-1, Forex.com-Demo 3, Forex.com-Demo(I),
FXCM-JPYDemo01, LiqCon2-BT Japan 2, MonexMT4-MD01,
NordGroupInv-Demo, OANDA-MT4 Practice JP, VinsonTrader-Demo,
YJFX-Demo1 がこれに当たります

deleted         閉じたチャートウィンドウの設定

(ファイル → チャートの再表示 から選択して閉じたチャートウィンドウを復元できる)

downloads       ヒストリーセンターからダウンロードした過去チャートデータ
mailbox         メールボックスに受信したメッセージ
signals         シグナルの利用設定
symbolsets      通貨ペア情報
news.dat        受信したニュース
logs                    MT4 の操作履歴
MQL4                    各種プログラム
Experts         エキスパートアドバイザー
Files           各種プログラムが読み書きするファイル
Images          各種プログラムで利用する画像
Include         各種プログラムに読み込んで利用するファイル
Indicators      カスタムインディケータ
Libraries       各種プログラムに組み込んで利用する共通部品
Logs            各種プログラムの動作状況の記録
Presets         各種プログラムのパラメータ
Projects        各種プログラムをチーム開発する場合の管理用
Scripts         スクリプト (単発の処理を行うプログラム)
profiles                チャートの組の設定
templates               チャートの設定
tester                  テスター (エキスパートアドバイザーのバックテストツール) 用
caches          テスターの実行を効率化するための一時ファイル
files           テスター実行中にエキスパートアドバイザーが読み書きするファイル
history         テスター用の過去チャートデータの一時ファイル
logs            テスター実行中のエキスパートアドバイザーの動作状況の記録
origin.txt              このデータフォルダを利用する MT4 のインストールフォルダの場所

 

この中で特に覚えておきたいのは、カスタムインディケータやエキスパートアドバイザーを入手したときの配置場所です。カスタムインディケータは MQL4\Indicators、エキスパートアドバイザーは MQL4\Experts に配置します。
また、長く使っていると MQL4\Logs に大量のファイルが貯まってハードディスクを圧迫することがありますので、ハードディスクの空き容量が減ってきた場合はこの中のファイルを削除すると良いでしょう。同様に、バックテストを大量に行うと、tester\logs 内に大量のファイルが出来ますので、バックテストを行う方はこちらも注意してください。
MT4 の設定等をバックアップしたい場合や、他の PC に設定を移行したい場合などは、データフォルダ全体をバックアップしたりコピーしたりすれば良いかと思います。

 

以上、MT4 のフォルダの意味についてでした。

 

結局みんな色々試してはXMに戻ってくる

XMが選ばれる理由(出戻り理由)

XMは海外FX会社で標準のハイレバレッジに追証なしの0カット制度はもちろんあり

他には取引ごとにポイントが貯まるロイヤリティプログラムがとても豪華

入金するとボーナスが追加され瞬間レバレッジ1000倍も可能!

投資家次第でハイレバにも安定運用にもどちらにも使えます!

なにより日本人投資家のニーズに応えて
海外FX投資家へのサポートをずっと続けている歴史が信頼の証です

 

出戻り組も満足の特徴一覧:

  • 口座開設するだけで3,000円
  • 最大レバレッジ888倍
  • 約定拒否・リクオートなし
  • 追証なしの0カット制度
  • 全入金に対してボーナスが即時反映
  • ポイントを貯めて現金やボーナスに換金できるロイヤルティプログラム
  • 賞金総額1億円を超える豪華コンテスト開催(W杯チケットも)
  • 迅速な入出金・手数料はXM負担
  • 日本語ウェビナー
  • 日本語版FXニュースビデオ
  • 今までのずっと手厚い日本語サポートを続けている!
  • 数多くの安全性の施策
  • ビットコインの入金、出金に対応!
  • i-accountの出金に対応
  • mybitwalletの入金、出金に対応!
おすすめの記事