MetaTrader4 への図形描画 – トレンドラインの描画

本記事では、MetaTrader4 (MT4) でチャート上へ描画できる図形のうち、トレンドラインについて紹介します。

 

MetaTrader4チャートにトレンドラインの描画

トレンドラインの描画は、メニューバーの 挿入(I) → ライン(L) → トレンドライン(T) を選択するか、ライン等ツールバーのトレンドラインボタン (図1の赤枠) を押下します。その後、チャート上でトレンドラインを引きたい箇所の起点からマウスをドラッグして、適切な角度になる位置でマウスのボタンを離すと描画されます。図1の赤線が描画されたトレンドラインです。ピンクの丸の位置から緑丸の位置までドラッグしています。このように、ドラッグの終点より先にもトレンドラインは描画されます。


図 1

 

トレンドラインにはもう1種類あり、メニューバーの 挿入(I) → ライン(L) → 角度によるトレンドライン(A) を選択することで描画できるものがあります。描画方法は同様です。
違いは、チャートの縮尺が変わった場合の挙動です。前述のトレンドラインは、起点も終点もチャート上の時刻と価格に固定されているため、縮尺をどのように変更しても、トレンドラインの通過する時刻と価格の関係は変わりません。一方、角度によるトレンドラインは起点は時刻と価格に固定されていますが、終点は固定されず、角度が固定されます。

例えば、図2のようにトレンドラインを描画しました。赤線は通常のトレンドラインで、青線は角度によるトレンドラインです。ほぼ平行になるように引いてあります。


図 2

 

ここで、価格軸の縮尺を縮小してみると図3のようになります。


図 3

赤線 (通常のトレンドライン) は、チャート本体に合わせて縮小されていますが、青線 (角度によるトレンドライン) は角度を保ったまま描画されています。

 

以上、トレンドラインの描画についての説明でした。

 

 

結局みんな色々試してはXMに戻ってくる

XMが選ばれる理由(出戻り理由)

XMは海外FX会社で標準のハイレバレッジに追証なしの0カット制度はもちろんあり

他には取引ごとにポイントが貯まるロイヤリティプログラムがとても豪華

入金するとボーナスが追加され瞬間レバレッジ1000倍も可能!

投資家次第でハイレバにも安定運用にもどちらにも使えます!

なにより日本人投資家のニーズに応えて
海外FX投資家へのサポートをずっと続けている歴史が信頼の証です

 

出戻り組も満足の特徴一覧:

  • 口座開設するだけで3,000円
  • 最大レバレッジ888倍
  • 約定拒否・リクオートなし
  • 追証なしの0カット制度
  • 全入金に対してボーナスが即時反映
  • ポイントを貯めて現金やボーナスに換金できるロイヤルティプログラム
  • 賞金総額1億円を超える豪華コンテスト開催(W杯チケットも)
  • 迅速な入出金・手数料はXM負担
  • 日本語ウェビナー
  • 日本語版FXニュースビデオ
  • 今までのずっと手厚い日本語サポートを続けている!
  • 数多くの安全性の施策
  • ビットコインの入金、出金に対応!
  • i-accountの出金に対応
  • mybitwalletの入金、出金に対応!
おすすめの記事