HotforexというFX会社について

Hotforexは本社はキプロスにあり、「セントビンセント・グレナディーン」にライセンスを持つオフショアのFX会社になります。一時期撤退したあと2017年に再参入してきました。公式サイトが英語の時期があったため人気はイマイチでしたが、最近サイトもマイページも日本語対応となり日本語サポートを充実させるなど急速に使いやすくなっているFX会社です。

まずダイレクトにHotforexを使ったほうがいいユーザーを紹介します。主に優先したいのは「ハイレバレッジトレーダー」と「仮想通貨トレーダー」になります。詳しい説明は後述で。

>>Hotforexの公式サイトへ

このタイプのトレーダーはHotforexを使おう
①ハイレバレッジトレーダー
  レバレッジ1000倍と証拠金10%ロスカットはXMより条件がいい!
②仮想通貨トレーダー
  0カットシステムで仮想通貨のリスクを限定できる!
③スキャルピングトレーダー
  ECN口座と高い約定力は海外業者でもTOPクラス
④ボーナスが良いところを選びたい
  Hotforexは3つの違うタイプのボーナスを選べる!

世界ではあのXMもよりも人気

意外と思われるかもしれませんがHotforexは日本以外ではあのXMよりも非常に有名なFX会社です。XMは日本人にだけ人気な業者でもあり、日本以外の国ではHotforexのSNSのほうがフォロワー数が多くなっていることが確認できます。

両者のtwitterを見てみましょう。

Hotforexのフォロワー数が約25,000に対して、XMのフォロワー数が約20,000とHotforexのほうが勝っています。

HotforexとXMのFacebookのフォロワー数

FacebookでもHotforexのフォロワー数が約120万人、対してXMが95万人とかなりの差がついています。

意外?と思われるかもしれませんが世界的にはHotforexのほうが利用者が多く、いろんなユーザーにフォローされているのです。それは多くのユーザーがHotforexを利用し、Hotforexをフォローしているという事実にほかなりません。

Hotforexという会社について

Hotoforexは設立されてから7年以上と歴史の浅いFX会社の中でも老舗企業にあたります。従業員も世界各国に200名以上、20以上の言語をサポートしておりもちろん日本語サポートも含まれています。開設ライブ口座数も500,000を超えて多数の賞を受賞しています。

運営会社は「HF Markets Holdings Ltd」となりHotforexというのはブランド名になります。この本社をTOPにヨーロッパやアフリカ、セーシェル、セントビンセントにそれぞれの管理会社があり、日本人はセントビンセントの管轄に入ります。

日本人サポートに実際に日本人のスタッフも数人雇い、世界ではキプロスやモーリシャスなどにコールセンターをおいています。世界の支社としては、アジアではマレーシア、インドネシア、中国、ベトナム、タイ、南米ではウルグアイ、メキシコ、ドミニカ共和国、アフリカでは南アフリカ、ケニア、ガーナ、中東のドバイにも支社があります。

まさに世界中にネットワークをもつグローバルな国際企業になります。

 

Hotforexの保有ライセンス

Hotforexの会社自体はキプロスに存在し、運営企業はHF Markets Holdings Ltdとなります。グループ会社全体で世界各国のライセンスを保有していますが、実際に開設することになるのはセントビンセント・グレナディーンのライセンスをもつHF Markets (SV) Ltdになります。この辺はXMが実際はセーシェルのxmtradingに開設することになることと同様です。

しかもセントビンセント・グレナディーンのライセンスは取得するために、顧客の試算保護の要件を満たさなければなりません。この項目はセーシェルライセンスにはないです。つまり、セーシェルよりもセントビンセント・グレナディーンのライセンスのほうが信用度は上ということです。

:クリックするとメディアファイルを拡大します。

信頼できるのか?

トレーダー
いくら国際的なFX会社と言っても
口座を作るのがオフショアの国なんでしょ?
それって信用できるのかな?

 

確かにそのとおりでオフショアのFX会社というのには絶対の信用というものはありません。そのため個々人が自分で取れるリスクを判断してトレードする必要があります。

ただHotforex自体国際的な企業でもあり、詐欺を働いたともなれば日本以外の世界各国に与える影響は甚大なものとなります。それはXM以上とも言えるでしょう。そこまでのリスクをとっての詐欺をやるでしょうか。そもそも詐欺をするのであればとっくの昔に行動に移しているはずです。

わざわざ長期間も営業しているのです。詐欺で得られるいっときの利益よりも、長期的にビジネスをして信頼を得て毎年確実な営業利益を上げていったほうが堅実ではないでしょうか。少なくとも長年営業しているFX会社はそういう対応をしています。

500万ドルの投資家保護

言うまでもありませんがHotforexの資産管理は完全分別保管であり、顧客の資金にHotforexが手を付けることはできません。

加えてHotforexはライセンスとは個別に保険会社との500万ドルの民事賠償保険制度で、追加の保護対策を講じています。この保険は、エラー、脱落、過失、詐欺など金銭的損失につながる多様なリスクをカバーする業界でも有数の手厚い補償内容です。

保険会社はイギリスのシティに創業300年以上の歴史をもつ「ロイズ」です。保険会社自体の信用もこれ以上ないというくらいの国際的信用のある会社です。

これだけの手厚い補償を契約しているFX会社は他にないと言えますね。

:クリックするとメディアファイルを拡大します。

 

日本語サポート完備

以前のHotforexがあまり利用されていなかった理由は明らかでした。

それは日本語サポートがなかったからです。公式サイトやマイページも英語になっており、英語アレルギーが強い人にとっては使いにくい業者となっていたので避けられてしまっていました。

しかし今では純粋な日本人による日本語サポートを充実させています。

直接のTELはできないものの、Eメールサポートと、ライブチャットサポートがあります。しかも24時間対応です。

Hotforexの日本語サポート
  • メールサポート有り (support@hotforex.com)
  • ライブチャットサポート有り(チャットは公式サイトから)
  • しかも24時間対応!(平日のみ)

最大1000倍のレバレッジ

それではHotforexのスペックを解説しましょう。Hotforexは沢山の種類の口座タイプが用意されていますが、その中でもマイクロ口座のレバレッジがやたら高くなっています。

なんといってもレバレッジは最大1000倍という最大級のものです。1000倍というのは10万円で10億円程度の取引ができるわけであり、10万円ほどを入金すればドル円の100万通貨を取引できます。

またこちらのマイクロ口座はロスカットの証拠金維持率は10%と相当に低く設定されています。これはハイレバレッジで勝負しても証拠金の本当に最後の最後ギリギリまで耐えられるということになります。

というかハイレバレッジでギリギリまで耐えてしまうとロスカットされたときの逆指値ですべってしまえば、あっという間に口座残高がマイナスになってしまいます。マイナス口座、いわゆる追証の状態になります。本来なら追証をしはらなければいけませんが、Hotforexには0カットがあります。

追証なし:0カット

Hotforexでは口座残高がマイナスになってもリセットをされて残高ゼロに調整される追証制度なしを導入しています。ゼロになることから0カットとも言われます。

このため追証による追加入金のリスクが無くなるため、証拠金の限界まで利用したハイレバレッジトレードをやりやすくなります。しかもHotforexのマイクロ口座は10%までギリギリできますので本当に最後の最後まで粘って・・・それでだめだったとしても0にリセットされるだけです。

本来マイナス残高、日本のFX会社などはその負債を肩代わりしてトレーダーに追証を請求します。しかし海外では他国のユーザーに追証を請求するのは難しいというより現実的ではないと判断しているので、予め追証なしというサービスにして、そう簡単にマイナス残高にならないようにサービスを調整しているのです。

ただいくら10%を割り込んだらロスカットといってもなんとなく早めに強制ロスカットされるようには感じます。0カットさせないための対策でしょうか。感覚的には維持率15%くらいでアウトと思っていたほうがいいです。

仮想通貨のCFDを取扱い

Hotforexが他のFXブローカーと大きな違いとして挙げられるのが「仮想通貨CFD」を取り扱っているという点です。2017年頃から相場を騒がしている仮想通貨は、そのボラティリティの高さからレバレッジをかけたトレードができれば一気に資産を増やせる投資対象です。

ただあまりにボラティリティが高すぎるため日本の仮想通貨取引所の信用取引をしていた人はストップロスが約定しなかったりして-1000万円というマイナス残高をかかえて大借金してしまうという悲惨な結末を迎えた方もいました。当然日本の取引所には0カット制度はありません。

その点Hotforexなら追証なしの0カットシステムになっているため仮想通貨の大変動に巻き込まれても追証になることはありません。リスクを限定して仮想通貨をトレードできるという理想的な環境が用意されているのです。無論、CFDですので「買い」だけでなく「売り」からもできるので、大暴落は寧ろチャンスでもあります。

最強の組み合わせ:仮想通貨✕レバレッジ✕追証なし

なお、現在の取扱がBTC、ETH、DSH(DASH)、LTC、XRP、だけですが、将来的に取扱をする仮想通貨のペアや、仮想通貨自体を増やすということです。

 

入金方法に仮想通貨対応(BTC、BCH)

Hotforexはトレード対象に仮想通貨があるように、入金方法にも仮想通貨を対応しています。入金に対応しているのはビットコイン:BTCとビットコインキャッシュ:BCHになります。

最近は海外FX会社にクレジットカードで入金するのが難しくなり、電子マネーや仮想通貨での入出金が当たり前となりました。

現在Hotforexの入金は「bitwallet」「BTC」「BCH」になります。

複数口座を用意

Hotforexはたくさんの口座タイプが用意されています。あまりに多くて使い切れない事間違いなしです。

口座の種類
・マイクロ口座
・プレミアム口座
・ZERO口座
・FIXED口座
・VIP口座
・AUTO口座
※他にイスラム口座もあるが除外

口座の各スペックは以下のようになっています。

注目すべきはマイクロ口座です。レバレッジ1,000倍になり、ロスカット水準も20%と低く、ハイレバレッジトレーダー向けです。最低入金額もわずか5usdとワンコイン1枚で済むので手軽に始められます。マイクロ口座の弱点としては最大発注数や最大ポジション数が低いことです。ある程度資産が増えたら、大きなロットで取引できるプレミアム口座の方を利用したほうがよさそうですね。

マイクロ口座 プレミアム口座 FIXED口座
最低入金額 5usd 500usd 500usd
口座通貨 USD,EUR USD,EUR USD,EUR
注文方式 STP STP STP
最大レバレッジ 1,000倍 400倍 400倍
追証 なし なし なし
取引手数料 無料 無料 無料
最小取引単位 0.01lot 0.01lot 0.01lot
最大ロット 5lot 60lot 60lot
最大オーダー 150lot 300lot 300lot
ロスカット水準 証拠金維持率10%以下 証拠金維持率20%以下 証拠金維持率20%以下
ボーナス あり あり あり

他に注目すべきはZERO口座になります。こちらは口座開設や入金におけるボーナスが適用されないのですが、市場直結のECN口座となり手数料を払うことで狭いスプレッドのまま取引できます。ドル円やユーロドルが1.0pipsで取引できるのでスキャルピングにお薦めです。ただネックはレバレッジが200倍にしかならないことです。

VIP口座は最低入金額が2万ドルという高額設定されている代わりに、ZERO口座よりも手数料が安くなりレバレッジが300倍とやや高めになっています。

ZERO口座 VIP口座 AUTO口座
最低入金額 100usd 20,000usd 500usd
口座通貨 USD,EUR USD,EUR USD,EUR
注文方式 ECN ECN STP
最大レバレッジ 200倍 300倍 400倍
追証 なし なし なし
取引手数料 往復0.8pips 往復0.6pips 無料
最小取引単位 0.01lot 0.01lot 0.01lot
最大ロット 60lot 80lot 60lot
最大オーダー 500lot 400lot 300lot
ロスカット水準 証拠金維持率20%以下 証拠金維持率20%以下 証拠金維持率20%以下
ボーナス なし あり あり
エージェント手数料   0.3  
ぶっちゃけて、どこの口座を使えばいいの!

手っ取り早くいえばマイクロ口座です。

ハイレバレッジトレーダー → マイクロ口座
スキャルトレーダー → ZERO口座、VIP口座

ボーナスシステム

HotForexでは豪華なボーナスシステムが用意されています。

Hotforexのボーナス制度
100%スーパーチャージボーナス(※)
30%レスキューボーナス(※)
100%クレジットボーナス(※)

100%スーパーチャージボーナス

この100%スーパーチャージボーナスは、入金によってボーナスが付与される制度と、取引の度に一定額がキャッシュバックされる制度のミックスボーナスになっています。

入金ボーナスについては250USD以上から5万ドルまでの入金に対して100%のボーナス制度です。ライバルのXMは100%ボーナスとはいえ、100%の設定を500USDまでに制限しているため同額を入金した場合Hotforexのほうが圧倒的に資産が増加します。

取引キャッシュバックについては、1ロットの取引ごとに2USDがキャッシュバックされいます。最大手8000USDになるまでキャッシュバックが続くので、実質4000ロットの取引までキャッシュバックが続くということですね。超がつくほどの大口トレーダーやかなりの年数を取引している人でないと4000ロットに到達することはないので、ほとんど恒常的なキャッシュバックになりますね。

ボーナスは初回入金だけでなく追加入金も対象になります。初回入金と追加入金で合計5万USDまでボーナスが付与されることになります。

100%スーパーチャージボーナスについて
250USD以上の入金に対して100%のボーナス付与(上限50,000USDまで)
1トレードごとに2USDのキャッシュバック(上限8,000USDまで)
キャッシュバックは最低5USDから振込対象
毎晩対象のサーバー時間午前2:00に振込処理
注意点
対象はプレミアム口座、FIX口座のみ
ボーナスは出金できない
また出金か資金移動をする際にはボーナスは消滅
1分以内の超短期トレードはキャッシュバックの対象にならず
2分以内のトレードの場合50%キャッシュバック対象

30%レスキューボーナスについて

30%レスキューボーナスは50USD以上の追加入金に対して30%ボーナスが適用されるボーナス制度です。累計7000USDになるまで何回でも追加入金のボーナスが付与されるので、定期的に入金しているトレーダーの方や、ある程度利益が出たら出金して負けたらまた入金するトレーダーの方にお薦めです。

注意点としては毎回の追加入金額が50USD以上であることが条件になっていることです。

またマイクロ口座でボーナスを受け取る場合は、1000倍だった最大レバレッジが500倍に制限されてしまうこともデメリットです。

30%レスキューボーナスのポイント
50ドル以上の入金金額に対し30%の入金ボーナスが振り込まれる(上限7,000USDまで)
ボーナスを利用したトレードで利益が出なかった場合、追加ボーナスが貰える(サポートに連絡)
30%レスキューボーナスの注意点
Hotforexで持っている口座で1つだけが対象
マイクロ口座で受け取る際は最大レバレッジが(1000倍→500倍)に制限

100%クレジットボーナス

100%クレジットボーナスはある程度の取引を行えば、実際に現金として出金可能なボーナス制度です。

通常のボーナス制度というのは取引のレバレッジを上げるためだけに使えるFX口座の中のバーチャルマネーという扱いですが、この100%クレジットボーナスのボーナスは取引条件を満たすことでそのボーナスを出金可能な現金対象とすることができるのです。

ただしボーナスをすぐに現金化できて、持ち逃げ~といったことはできません。

ボーナスの出金条件は「ボーナスの額/2lot」となり、かなり厳しい条件です。例えば100USDを出金するために必要な取引額は「100/2=50」となり、50lotとなります。1lotごとに2USDキャッシュバックが受けられるくらいの認識でいたほうがいいですね。

    100%クレジットボーナスの特徴
    複数の口座に導入できる
    プレミアム口座、マイクロ口座、FIX口座が対象
    1つの取引口座に対し最大受取金額は30,000USDまで
    MyHotForex口座内で受取可能最高金額は150,000USDまで
    100%クレジットボーナスの注意点
    出金必要な取引量:ボーナスの額/2lot
    ※例えば100USDの場合、100/2=50lotの取引が必要

    ボーナスそれぞれの対象口座

    マイクロ プレミアム FIX VIP AUTO
    100%スーパーチャージボーナス - - -
    30%レスキューボーナス - -
    100%クレジットボーナス - -

    Hotforexの弱点(改善してほしい点)

    Hotforexは上述のようにスペックはとても良いのですが、日本市場の需要をすこし見誤っている点があり改善してほしい点があります。それはいわばHotforexを利用する際の弱点とも言えるところです。

    円口座に対応していない

    これがHotforexがなかなか浸透しない一番の理由となります。

    残念ながら海外志向の強いHotforexは日本だけにしか流通していないJPYの取扱いが遅く、いまだに円口座を用意していません。

    Hotforexに問い合わせたところ、「現在、対応中」という解答を得ているので後々に円口座に対応してくれる可能性は高いです。

    土日は仮想通貨の取引ができない

    仮想通貨というのは一定の管轄している監督機関がないために世界各国にある様々な人や取引所が24時間365日取引しています。そのため仮想通貨の値というのは24時間365日動き続けているので、為替や株式の取引が停止している土日も仮想通貨は動き続けています。

    しかしHotforexでは仮想通貨のプライスを出してくれる金融機関が土日を休みとするため、仮想通貨CFDも土日は取引が停止されてしまいます。

    つまり土日になんらかの大変動が起きた場合には対処できないのです。もちろん狙った方向に相場が動いて早漏決済しなくてよかった。。。という場合ならいいですが、逆の方向に言った場合は損切り注文すら作動しません。一応月曜日になってマイナス口座になっていても0カットされるだけで済みますが、取引停止期間を考えなければならないというのはデメリットです。

    デイトレードに終始するか、あるいは多少動いてもたいして気にならないほどのレバレッジでトレードする方法などがあります。

     

    まとめ:Hotforexは大きな期待ができるFX会社

    上記のようにHotforexは実質的にはXMを超えるスペックを有しています。

    レバレッジやロスカット維持率などもギリギリまで勝負できますし、様々な口座タイプがあるので一発勝負のハイレバレッジトレードだけでなく、低スプレッドと早い約定力をいかしたスキャルピングトレードにも使えますし、もちろんEAの自動売買にも適しています。ボーナス制度もより豪華に設定されているのです。世界的にはTwitterやfacebookなどのフォロワー数もXMより多く、より信頼されているブローカーであることがわかりますね。

    Hotforex特徴まとめ
    • 運営会社は口座数、SNSフォロワー、運営歴で信頼のある企業
    • レバレッジ1000倍に0カットでハイレバレッジトレードに最適
    • 仮想通貨をハイレバレッジ+0カットトレードできる数少ないFX会社
    • 仮想通貨の入金、出金にも対応(出金制限なし)
    • 初回入金、追加入金、キャッシュバックなど豪華なキャンペーンは業界随一
    • 平日24時間日本語サポート対応!
    Hotforexデメリット
    • 円口座にまだ対応していない(今後対応する予定)
    • 仮想通貨トレードは土日はできない

    これまでHotforexがなかなか浸透していないのはそのマーケティングがあまりうまくいってなかったのでしょう。日本市場に進出したはいいですが、サイトも英語、マイページも英語、サポートも英語だけでは使う日本人はあまりいなかったです。

    それがマーケティングに力をいれるようになり、日本人のニーズを汲み取ることに成功し始めています。サイトやサポートも日本語対応になり、後には日本円口座にも対応することが予想されます。海外FX会社でも珍しい仮想通貨のCFD取引もできるので、仮想通貨CFDとハイレバレッジをつかった大きな利益を得られるトレードをする環境が整っています。リスクは0カットがあるため証拠金だけで済みます。

    おそらく、今後そういったスペックが知られてくればどんどん利用者は増えていくでしょう。最近XMがマンネリというか、新しいサービスをすることが少なくなり保守的になってきたこともあるので今後の伸びしろはHotforexのほうが大きいのは間違いないです。

     

    結局みんな色々試してはXMに戻ってくる

    XMが選ばれる理由(出戻り理由)

    XMは海外FX会社で標準のハイレバレッジに追証なしの0カット制度はもちろんあり

    他には取引ごとにポイントが貯まるロイヤリティプログラムがとても豪華

    入金するとボーナスが追加され瞬間レバレッジ1000倍も可能!

    投資家次第でハイレバにも安定運用にもどちらにも使えます!

    なにより日本人投資家のニーズに応えて
    海外FX投資家へのサポートをずっと続けている歴史が信頼の証です

     

    出戻り組も満足の特徴一覧:

    • 口座開設するだけで3,000円
    • 最大レバレッジ888倍
    • 約定拒否・リクオートなし
    • 追証なしの0カット制度
    • 全入金に対してボーナスが即時反映
    • ポイントを貯めて現金やボーナスに換金できるロイヤルティプログラム
    • 賞金総額1億円を超える豪華コンテスト開催(W杯チケットも)
    • 迅速な入出金・手数料はXM負担
    • 日本語ウェビナー
    • 日本語版FXニュースビデオ
    • 今までのずっと手厚い日本語サポートを続けている!
    • 数多くの安全性の施策
    • ビットコインの入金、出金に対応!
    • i-accountの出金に対応
    • mybitwalletの入金、出金に対応!
    おすすめの記事